英語の音を「カタカナ読み」する注意点

英語を聞いています

「英語が聞き取れない・・・」

「英語らしい発音で英語を話せない・・・」

日本人にとってそもそも、英語は習得する難易度が高い言語です。

その大きな理由の一つが、日本語と英語の距離感。言語研究の世界では、母語と習得を目指す言語の距離によって、習得の難易度が変わってくることがわかっています。

私たち日本人の母語は日本語。日本語にはひらがなやカタカナ、そして漢字があります。そんな日本語の特性を活用して、「英語の発音をカタカナで覚えてしまう」というアクションも可能ですが、そこは注意が必要です。

この記事では日本語のカタカナ読みで英語の発音を覚えてしまうことの影響について、わかりやすくご紹介します。

はじめに

英語学習でありがちなのは、英語の「音」をカタカナ表記で覚えてしまうこと。たとえば次のような具合です。

・pen→ペン

・Lesson→レッスン

確かに英単語の読み方を覚えやすいのはカタカナ表記で英語の発音を覚えるメリットかもしれません。そして、「カタカナ発音で英語を話しても、英語として通じないことはないでしょう」という現実は確かにあります。

とはいえ、英語には英語独自の発音があります。「ジャパニーズイングリッシュでも上等!」という考え方もありますが、カタカナ発音に頼っていると英語らしい発音が身につきません。

それだけではなく、英語の「聞き取り」も学習が進むにつれ、困難さが高まっていくという弊害があります。私たちは、「自分が認識できない音」を聞き取ることができないからです。

英語には英語独自の発音がある!

カタカナは、「アイウエオ」という母音と「ヴ・ン」という子音をのぞいて、「子音と母音が一緒に発音される」という特徴があります。

一方、英語はリエゾン(liaison) という仕組みがあり、子音が先に来てその後母音が発音されたり、単語と単語がくっついて発音されるという特徴があります。そのため、そもそもカタカナ読みだけで英語の発音を理解しようとするのはベリーハードです。

・pen→ペン

・Lesson→レッスン

といった「かんたんな英単語」だけならともかく、英語を「話す」「聞く」といった段階を深めていくにつれ、カタカナ英語は「通じない」「聞き取れない」といった「症状」が出てきます。

それらは「カタカナで英語を覚える」という行為が「原因」となっています。そして、一端カタカナで覚えた英語の発音の癖を英語本来の発音に戻すのもひと手間かかります。

参考文献

『勉強しないで身につく英語』

英語学習も「急がば回れ」で

英語の発音の基本的は、アクセントの場所やアクセントの母音、文やリズムといった部分にあります。そうした感覚はカタカナ表記で覚えるのではなく、耳で聞いて発音それ自体を、体の感覚として覚えてしまうことが大切です。

新しく何かを習うときに大切なのは、最初に「変な癖」をつけないことです。変な癖がついてしまうと、それを正すために大きな労力がかかります。なのでベストチョイスは、最初の段階から変な癖をつけないことです。

英語も同じで、「カタカナ表記で英語の発音をわかりやすく覚える」のではなく、カタカナ表記を使わずに英語を何度も聞いて、その独自のリズム、発音を、耳や感覚で覚えることが大切です。それは「急がば回れ」です。

ちなみに「ローマ字表記で英語の発音を覚えようとする」という方法がありますが、カタカナ表記で英語の発音を覚えようとすることと本質は同じです。

まとめ

ここまでのまとめです。

カタカナ表記で英語の発音を覚えることは、一見「わかりやすく英語の発音を覚えられる」というメリットがあるように思えます。

実際のところは英語を「話す」面では母語の訛りが強い発音になってしまうこと。英語を「聞く」面では英語の聞き取りに問題が生じてしまうこと(=認識できない音は聞き取れない)。英語の「話す」「聞く」の両面で、メリットよりもデメリットの方が上回ってしまいます。

ローマ字表記で英語の発音を覚えようとすることも同じです。重要なのは、英語は英語の音として、何度も聞いたり話したりして、それを感覚として覚えることです。

この意味で英語を学び始めた初心者の方は特に、英語を聞いて単語の読み方や意味を認識するという、基本的な練習を大切にすることが「急がば回れ」となるでしょう。

最後に

以上、英語の音をカタカナ表記で理解することの注意点について、英語初心者の方向けにご紹介しました。

確かに、かんたんな英単語ならカタカナで発音の読み方を書いておくことは便利なように感じるかもしれません。ただそれは長い目で見れば、英語の上達を阻害する原因となります。

悪い習慣は身につけるのがかんたんで、取り除くことが難しいと言えます。ということで、ぜひ英語の音を覚えるのはカタカナではなく耳で聞いて(+発音記号を覚えて)、英語独自の発音の感覚を体感的に身につけていくことが大切です。

ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい

日本語と日本文化が英語習得に影響する!「言語転移」とは?