英語力はこの手順で伸びる!レセプティブスキル&プロダクティブスキルとは

英語を学ぶ人々

英語には4つの中心的なスキルがあります。

それが、

・聞く(リスニング)

・話す(スピーキング)

・読む(リーディング)

・書く(ライティング)

という、4つのスキル(通称「英語の4技能」)です。

「これらのスキルをバランスよく高めることによって英語が力が磨かれていく」というのがよく言われる話ですが、本当に4つのスキルをバランスよく磨くことで英語力が伸びるのか?

そこで注目したいのが第二言語習得理論が提唱するレセプティブスキルプロダクティブスキルという2つのスキルです。

第二言語習得理論とは何か?かんたんに言うと、人がどのように母語以外の言語を習得するのかを研究している学問です。

研究によると、英語は4技能をバランスよく学ぶのではなく、聞く&読む(レセプティブスキル)と話す&書く(プロダクティブスキル)を分けて鍛えていくことが効果的であることが分かっています。

はじめに

このページではレセプティブスキルとプロダクティブスキルについての基本的な知識を押さえた上で、初心者の方におすすめの勉強の手順について効果的な手順をご紹介します。

難しい話は抜きに、分かりやすく内容をまとめています。初めての方に「何をすればいいのか」が分かるように内容をお伝えします。

ローマは一日にして成らず。ステップ・バイ・ステップで、着実なレベルアップを目指しましょう。

レセプティブスキルとは

レセプティブスキルとは、聞く&読むといった受け身のスキルを指します。

リスニングやリーディングで、英語をインプットする。このスキルを高めることによって、適切にアウトプットをすることができます。

第二言語習得の理論的には、まずレセプティブスキルを優先して取り組み、そしてプロダクティブスキルに取り組むことが効果的だと考えられています。

レセプティブスキルを身につけるための練習法としては、聞く&読むを効率的に行うこと。そのためのトレーニングとして、

1・チャンクリーディング(英語の文章を「意味のかたまり」ごとに区切って読む練習法)

2・シャドウイング(聞いた英語を追い読みする)

が効果的です。

どちらも、聞く&読むをセットで練習することができるのがポイントです。

プロダクティブスキルとは

話す&書くといったスキルがプロダクティブスキルです。

英会話で英語を話したり、海外のネイティブと英語でやり取りするといったアウトプットの練習が中心になります。

オンライン英会話や添削などお得にアウトプットの機会が得られるサービスを利用することによって、プロダクティブスキルを効率的に高めることができます。

ただし、プロダクティブスキルを磨くにはレセプティブスキルが必要です。

聞いて分からないことを話すことはできません。読んで分からないことを書くこともできません。

レセプティブスキルが中途半端(=しっかり身についていない)場合、プロダクティブスキルに取り組んでも、レベルアップは期待できません。

プロダクティブスキルを磨く前提として、レセプティブスキルを徹底的に磨く必要があります。

この3ステップで英語をモノにする!

英語を身につけるには、然るべき順番があります。

語彙や文法といった基本知識がないまま、ネイティブと英会話をしても、それは時間とお金をムダにする可能性が高く、非効率的です。

ではどのような手順で英語力を高めていけばいいか?英語を学び直したい方や初心者の方にとって重要な手順がこちらです。

1・基礎力(単語・文法=高校卒業までの英語力)

2・レセプティブスキル

3・プロダクティブスキル

私たちは、知識ゼロで英語ペラペラになることはできません。一段一段階段を上がっていくことで上に到達できるように、必要なことを学び、一歩一歩着実に進んでいく必要があります。

これから英語を始めるなら、単語や文法を軽視せずにまず基礎力を徹底。その上で、レセプティブスキルを磨いていくことが大切です。

レセプティブスキルは英語の聞く&読むなので、基礎力が身についていれば、自分のペースで取り組むことができ、やればやるほど上達を感じやすくなります。

英語を話すといったプロダクティブスキルは最後でOK。レセプティブスキルが身についたあとに取り組みます。

まとめ

ここまでのまとめです。

英語を効果的に身につけるために知っておきたいのがレセプティブスキルとプロダクティブスキルです。

英語は聞く(リスニング)・話す(スピーキング)・読む(リーディング)・書く(ライティング)という4つのスキルがありますが、

1・聞く(リスニング)&読む(リーディング)→レセプティブスキル

2.話す(スピーキング)&書く(ライティング)→プロダクティブスキル

2つのスキルに分け、レセプティブスキル→プロダクティブスキルの順に身につけていくことが大切です。

英語をやり直す方や初心者の方はレセプティブスキルを身につける前提として、基礎力(高校卒業までの単語・文法)を徹底することが事前準備になります。

最後に

以上、英語の4技能を効果的に高めるレセプティブスキルとプロダクティブスキルの話についてご紹介しました。

物事には順序があります。初心者が上級者の前をしても効果が期待できないように、適切な順番を無視して物事に取り組んでも、時間をロスしてしまいます。

「英語力ゼロから英会話レッスン!」ではなくまずは基礎。基礎ができたらリスニングとリーディング。それが十分にできて始め英会話の練習。

ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい

お得に英語力アップ?サブスクリプションの特徴とメリット&デメリット、サービスまとめ