It’s almost too good to be true. – 英会話 1日1フレーズ【No.294】

必死に勧誘する男

「話が良すぎますね」

MaruoとSatoshiが会話をしています。Maruoは鼻息を荒くして熱心にSatoshiにとあるビジネスの話をしているようです。

Maruo:I have a good news for you!

いい話があるんです!

Satoshi:What’s going on?

なんだ突然?

Maruo:This business is unbelievable! It will make you rich.

このビジネスはすごいです!あなたはお金持ちになれますよ!

Satoshi:What are the odds? 100%?

その確率は?100%?

Maruo:Sure!

はい!

Satoshi:It’s almost too good to be true.

良い話過ぎだ。

Maruo:But it’s true!

でも真実なんです!

Satoshi:All right. You should try it.

分かった。君がやりなよ。

このフレーズに注目!

It’s almost too good to be true.

話が良すぎます。(=話がうますぎて信じられません。)

too good to be true =話がうますぎるという意味で、「信じられません」を別の言い方で伝えるフレーズです。

世の中何でもそうですが、「そんないい話があるのですか?」というようなおいしい話は要注意。持ちかけられてもクールに対応するのが吉です。

このページの英語表現

What are the odds?=確率は?

ついでに覚えたい関連フレーズ3選

It’s almost too good to be true.とあわせて覚えておくと英語の表現力が広がるおすすめフレーズがこちらです。こちらをストックして、サッと言える英語を増やしておきましょう。

You are a liar.=あなたはウソつきですね。

I can’t trust you.=あなたを信じることはできません。

Prove it.=証明してください。

若葉マーク 初めての方も安心!無理なく続く優しい英会話教材まとめ

あわせて読みたい

英語が苦手な社会人が英会話を効果的に身につけるコツ

<<No.293へ英会話 1日1フレーズ【No.251~300】へNo.295へ>>