スモールトークの意味を解説。極めれば英会話がもっと上達する!

会話中

スモールトークとは、会話の本題に入る前の雑談や世間話などのことです。

食事や趣味、地域の話など、気軽に話せる話題(話していて差し障りのないこと)が中心になります。

スモールトークのコツ

ビジネスシーンでは単刀直入に会話を始めてしまいがちですが、それではあまりにそっけなく、相手の心を揺さぶることはできません。

そういうときこそ、スモールトークで相手との距離を縮め、よい関係を築きたいもの。

特に、アメリカのような「話して主張する」文化では、このスモールトークが意外に重要。

雑談の印象が、本人の印象と重なることも少なくありません。気軽な会話が円滑な人間関係を作るのです。

会話の内容は

スモールトークでは難しいことを話す必要ありません。内容はあくまで身近で差し障りのないこと。

・天気

・相手の近況

・趣味

など、カジュアルな話題を話せばOK。

会話の切り出し方は、

「I had a nice weekend. How was your weekend?」

などの定型文が便利です。

スモールトークのネタはここで仕込みます

あらかじめネタを仕込んでおくなら、

・新聞記事

(大きな事故や事件などはどこでも話題になりやすい)

・エンターテインメント

(ゴシップは話題になりやすい)

が無難でしょうか。

政治問題や宗教など、話題に出さない方がいいものもあります。

特に、親しくない間柄において、政治や宗教など、「重い」ネタは絶対に避けたほうが良いです。

ある程度知っている人とのスモールトークなら、相手の関心が分かるはずなので、それを話題にするのもOK。

スモールトークの使い方をマスターし相手と打ち解け、よい人間関係を保ちたいものです。

まとめ

本題に入る前にリラックスするための雑談や世間話。それがスモールトーク。

直球ストレートに本題に入るのもいいですが、やはり会話はコミュニケーション。雑談や世間話でまずお互い打ち解けた方が、リラックスできて良い会話ができます。

天気や食事、出身地などスモールトークの定番はいろいろあります。いくつかネタを仕込んでおいてスモールトークから会話を始めると、リラックスした良い会話ができるかも。

若葉マーク 初心者でも安心して英語が話せる優しい英会話教材

あわせて読みたい

英会話を始めるならここに注意。失敗の原因になる5つのこと

【初心者向け】英会話学習の基本プロセス

英語のスピーキングが上達する3つのポイント

<<英語用語集に戻る