英会話学習の基本プロセス – 上達のための2ステップ

英語ノート

英会話&英語を勉強する上で必要な学習は基本的に2つだけです。

1つは知識を脳にインプットすることです。インプットとは、英文法や単語、リスニングなど知識を覚えるための学習です。

2つ目は、覚えた知識(単語、文法、フレーズなど)をアウトプットすることです。アウトプットとは、覚えた英語の知識を実際に使ってみる実践的な学習です。

例えば、

・覚えた英単語と文法知識を使って英作文する

・暗記したフレーズで英会話する

などです。

「学習」というと、ひたすら英単語を覚えたり、文法を暗記したりと、机に向かうイメージがあります。

知識を覚えることは大切ですが、それだけでは覚えた英語の知識は、完全に身につきません。

覚えるだけでは身につかない!

例えば、こういう体験はないでしょうか?

来月にTOEICのテストがあります。そこで、あなたは「TOEIC頻出単語1,000」という参考書を暗記することにしました。

1日33個×30日必死に暗記し、試験前には全ての英単語を暗記することができました。

そこで、自信を持ってTOEIC試験に望みます。ところが、イザ試験を受けてみると、思うように問題を解くことができません。肝心のスコアも思うようになりません。

こういう体験は誰でも経験しますが、しっかり勉強したのに、なぜ思うような結果が出なかったのでしょうか?理由は、アウトプットが不足しているからです。

知識を覚えることは大切ですが、それだけでは使える知識にはなりません。

覚えたことをアウトプットすることで、初めてインプットした知識があなたのものになります。知っているだけでは不十分で、覚えたことを外に出す作業が必要です。

TOEICなどの試験では英単語や英文法を覚えることに加えて、覚えたことをチェック、アウトプットするための学習も必要です。具体的には、問題集を解くなどの対策が必要になります。

英会話を上達したいなら、例文やチャンクを暗記するほかに、

・リスニングテープにあわせてシャドウイング

・実際にネイティブと会話する

・覚えた英単語と文法を使って英作文する

など、勉強したことを外に出す(チェックする)ような学習が大切になります。

学習を効率的にするステップ

以上のことをまとめると、英語上達のための、基本的な学習プロセスは次のようになります。

①英語を勉強し、知識をインプットする。

②学んだことをアウトプットする。(英会話、英作文を書くなど)

①に戻る。

基本的に、英語の勉強はこの繰り返しです。

まずは基本となる情報をインプットします。そして、ある程度身に付いたら、次はアウトプット作業に入ります。

具体的には、

・覚えた単語のチェック(スペル、意味、アクセントの確認)

・英語日記を書く(作文でもOK)

・問題集を解く

など、覚えたことを確認する作業です。

ここで大切なのが、インプットする知識の質と量です。

覚えてもあまり意味のない知識をインプットしたところで、英語上達には役に立ちませんし、量が少なければ、アウトプットできる内容も限られてきます。

何をインプットすればいいか

インプットする情報のソースとしては、

・参考書(英語関連の書籍)

インターネット

専門の英語教材

リスニングテープ

など、いろいろなものがあります。

また、インプットの方法ですが、

・「読んで」覚える。(参考書・英語の長文など)

・「聞いて」覚える。(リスニングテープ)

・「見て」覚える。(パソコンソフト、洋画、学習用DVDなど)

・「書いて」覚える。(単語のスペル、ノートにまとめる)

などの方法があります。

できれば、2つ以上、組み合わせてインプットすることでバランスがよくなるでしょう。

例えば、

・英語の長文を読む+リスニングテープを聞く。

・パソコンソフトを使う+長文を読む。

などです。

こうすることで、質と量、バランスのよいインプットができます。

こうしたインプットがある程度できたら、アウトプット学習を行います。普段、リスニングテープでインプットしている方なら、同じテープを使ってシャドウイングします。

最初は難しいと思いますが、同じ教材を何度も使い、復習を繰り返すことで知識が脳に定着しやすくなります

文法のアウトプットなら、覚えた文法を使って英作文をし、ノートにまとめると効果的です。

英語が苦手な方、初心者の方は、伸ばしたいスキルや、目的にあわせ、続けられる範囲の量をこなすとよいでしょう。

あわせて読みたい

英会話の初級レベルでは日本語を上手に取り入れる

英語はスポーツ?

テキストを使い倒す

<<英語&英会話の学習法一覧へ