グーグル翻訳で英語を勉強する方法

グーグル翻訳の画像1

URL:http://translate.google.co.jp/#ja|en|

検索エンジンのグーグルが提供する無料の翻訳ツール、それがグーグル翻訳。

使い方、英会話学習のための活用法など、このページではグーグル翻訳を使った学習アイディアをご紹介しています。

英語の勉強法に興味をお持ちの方は、参考にしてみてください。

はじめに

グーグル翻訳とはアメリカの検索エンジン会社のグーグルが提供する無料の翻訳ツールです。

英語はもちろん、ドイツ語、フランス語、ロシア語など、世界中の言語を翻訳することができます。

正直なところ、センテンスの翻訳機能は完全ではありませんが、上手く活用すれば、語学学習に役立ちます。

使い方は簡単。ボックスの中に日本語を入力するだけで、すぐに外国語に翻訳してくれます。

翻訳機能(日本語から英語へ)を使うと、このようになります。

翻訳後の画像

メリット

・使い方に注意すれば、英文のライティングが独学できる。

・音声機能があるので、英会話の練習ができる。

・分からない単語も即翻訳できる。

デメリット

・翻訳の精度が完璧ではない。

・オフラインでは使えない。

英語の勉強に

グーグル翻訳の活用法です。和英、英和、どちらでも使えます。翻訳や英会話の例文作成など、目的に応じて学習に活用できます。

例えば英会話の例文作成。

自己紹介や自分が話したいことを日本語にまとめ、グーグル翻訳に入力します。

英会話の例文集はインターネットで入手できますが、自分なりの表現、オリジナルの情報で英文を作りたいときはグーグル翻訳が便利です。

なお、日本語を入力するときは、短文で入力すると、正確な英語に変換することができます。長い文を入力すると、ヘンテコな英語になってしまいます。

こんな使い方がおすすめ

グーグル翻訳では、トランスレーション機能のほか、音声機能も利用できます。

自分で作った英語を、音声で確認することができます。独学で練習するなら、十分すぎる機能です。

また、海外のホームページをネットサーフィンするときにもグーグル翻訳が活躍します。

英語から日本語に翻訳をすることで、海外のホームページもスイスイ読むことができます。

CNNやBBCなど、ニュースサイトを見るとき、分からない表現を確認することができます。

注意点ですが、長文を一気に翻訳(英語から日本語へ)しようとすると、和訳がメチャクチャになります。

あくまで、分からないところだけ翻訳機能を使うのがおすすめです。

あわせて読みたい

英語教材の無料サンプル

英会話の無料体験レッスン

インターネットで学習

<<無料で学べる英会話へ