どちらが大切!?英文法 VS 英会話【コミュニケーション】

どっち?

どうすれば、英語をモノにすることができるのか?

英語上達のノウハウ・考え方はたくさんありますが、大きく分けると次の2つに分類することができます。

文法重視とコミュニケーション重視、この2つです。

「文法だけでは英語は話せるようにならない!」

「コミュニケーション重視の学習は本当の力がつかない!」

など、様々な意見があります。初心者の方は、「どれが正しいんだ!」と迷ってしまうかもしれません。

そこで、このページではそれぞれの学習のメリット・デメリットをまとめました。

結論を言えば、英語の実力をつけるためには、文法・コミュニケーション、両方必要です。

大切なのはバランスです。

一方に偏らず、ニュートラルな立場に立ち、柔軟になることで、効率的に英語を学ぶことができます。

英文法と英語力の関係

文法重視の学習は、私達日本人には馴染み深い考え方です。

このページをご覧の方のうち、大半の方は中学・高校と英語を学び、be動詞、比較、現在完了などの文法用語を教えられてきたと思います。

メリット

文法重視の学習の場合、英語を理論的に学ぶことができます。

語順、語尾変化など、様々なルールを、一定の法則に従い、理屈で理解することができます。

このため、一度しっかり身に付いた文法知識は記憶に残りやすく、リーディングはもちろん、ライティングやスピーキングにも応用がききます。

そして、文法を学べば自分で英語の文を組み立てる力をつけることができるようになるので、自分の考えを英語で伝えることができるようになります。

この点、長い目で見れば英会話にも役に立ちます

デメリット

とは言え、文法をマスターしたからといって、イコール英語を話せるようになるわけではありません。

英文法独自の専門用語がどうしても肌にあわない場合もあります。

面白いことに、英語学習者の中にも、文法が面白いという人、文法が面白くない人がいます。

面白いと感じる人なら問題ないのですが、後者の場合、文法学習が原因で英語に苦手意識を持ってしまうこともあります。

また、日本の環境として、英語は大学受験で大きなウェイトを占めています。そこで点数を取るには、ある程度文法を学ぶ必要があります。

こういう環境からか、公教育では基本的に「英語学習は科目→テストで点を取る」という発想で授業が行われています。

このような環境も文法嫌いを生む原因になっているのかもしれません。

コミュニケーション中心の学習

ある場面を想定し、そこで使われるフレーズを覚えていく、学習方法です。

「ショップではこのフレーズ」、「日常コミュニケーションではこのフレーズ」というように、英語を使う場面を想定した学習が中心です。

メリット

文法を繰り返し勉強する必要があまりありません。

「この場面はこのフレーズを覚える」というように、チャンクを覚えていけば、すぐに英語を話すことができます。

ある程度チャンクを覚えることで、英会話もスムーズになります。そして、慣れてくれば場面ごとに使い分けることも。

日常会話レベルの英会話力なら、比較的短期間で身に付けることができます。

デメリット

反面、文法や英単語のストック、リーディング、リスニングなどの地道な学習を怠ると、表面的な力しか身に付きません。

基本的に使えるのは暗記したフレーズだけで、ある程度文法を勉強していないと、自分で英文を作れません。

・自分の考えを英語で伝える

・ディベートする

・ビジネスで交渉する

・原書を読む

・英語で論文を書く

などの活動は、コミュニケーション重視の学習だけでは身に付けることが難しいかもしれません。

適度に文法学習を取り入れることで、短所を補い、よりバランスのよい学習をすることができます。

このページのまとめ

私たち日本人にとって英語は外国語。習得のためには、英文法も英会話も、両方大切です。

「英語を話せるようになるために文法は必要ない!」というような極端な考えに走ることなく、必要最低限の英文法をしっかり習得。

着実に英語力を高めていくことが大切です。

「英文法は最低限、英会話だけ覚えたい!」という初心者の方におすすめの教材

あわせて読みたい

「英文法中心の学習では英会話が身につかない」と聞きました。英語の正しい勉強法は何ですか?

日常英会話のためにどのくらい英文法が必要ですか?

英語を話せるようになるにはどれくらい基礎が必要ですか?