Why ~?で覚える英会話の基本例文

なぜだか教えてくれるかい?

英会話中、「なぜ?」と気になることがあればこの英語で。

5W1Hの一つ、Why ~?の用法やおすすめ例文をまとめているページです。理由の確認は大切。疑問を感じたらこの英語でチェック!

Why ~?とは

whyは、原因や根拠、理由をはっきりさせるなど、相手の話をより深く理解するために使う英語です。

会話をしていて、「なんでだろう?」と思ったときは、whyを使って理由を英語で質問してみましょう。

基本的な使い方

Why is he busy?(彼はなぜ忙しいの?)

Why are you laughing? (なぜ笑っているの?)

Why did she late for meeting yesterday?(なぜ彼女は昨日の打ち合わせに遅れたの?)

いずれの英文も、「なぜ~なのですか?」を確認するための英語です。

初心者の方は、Why = 理由を知りたいときに使う英語というイメージを持つと覚えやすいと思います。

英会話で使う

Why was Tom late for school?(なぜトムは学校に遅刻したの?)

→理由を聞くときにWhyを使います。

Why aren’t you going?(なぜ出かけないの?)

→「なぜ○○しないの?」という否定表現です。

Why do birds suddenly appear everytime you are near?(君が近くにいるとき、いつも鳥達が姿を見せるのはなぜ?)

→カーペンターズの『close to you(邦題:遥かなる影)』から。

Why make so much fuss? (なぜそんなに騒いでいるの?)

Why+動詞の原型で「なぜ~するの?」という意味になります。

気をつけたい使い方:Why not ?

一つ特殊なWhyの使い方として、Why not?があります。この英語は、問いかけの内容によって意味が変わります。

例1)

You have to study hard . (君は一生懸命勉強しなければならない)

Why not? (どうして?)

例2)

Let’s have a break . (休憩しよう)

Why not? (いいよ)

このようにシチュエーションによって意味が変わってきますので、この点だけは、注意しましょう。

覚えておきたい使い方:Why don’t you ~

1つ、Whyを使ったおすすめフレーズをご紹介します。それがWhy don’t you ~?です。

「~してはどうですか?」という表現で、会話でもよく使え、使い勝手がよい。ぜひ覚えておきたいフレーズです。

Why not ~とあわせて覚えてみてください。

例)

Why don’t you ask him? (彼に聞いてみたら?)

Why not ask them? (彼らに聞いてみたら?)

Why don’t you come with me? (一緒に来ない?)

Why don’t you try it? (試してみませんか?)

まとめ

Why ~?は「なぜ?」という理由を確認するための英語です。

英語圏の世界では「誰が」「どうして」「なぜ」など、責任の所在をハッキリさせることが大切です。

なので気になったことがあれば素直に「なぜ?」を確認。理由を知り納得することが大切です。

理由を聞くことは恥ずかしいことではありませんので、「なんでだろう?」と思ったら、ぜひWhy~?で、その理由を確認してみましょう。

初心者向け英語の基本例文の一覧はこちら

あわせて読みたい

英会話の基本表現を分かりやすく覚えたい初心者におすすめの教材

英会話スクール選びで後悔しない重要ポイント3つ

覚えておきたい英語の5W1H

<<覚えておきたい英会話の例文集へ