A likely story! – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.139】

うっそー!

A likely story!

まさか。(あり得ない話だ。)

Miracles happen to those who belive in them.(=鰯の頭も信心から。)

正しいか間違っているかはわからないが、何かを信じる心を持つことは、長い人生を生きていく上で、とても大切なことである。

信じる何かがあるからこそ我々はどんな逆境でも、理不尽に耐え、希望を持ち、生きていくことができる。

この意味で、信じる力というのは、掛け値なしに、価値があることなのだと思う。

とはいえ、なんでもかんでも鵜呑みにするのは危険なことだ。

盲信と信じる心は全く別のこと。疑うことで初めて気づくことだってある。ときに「そりゃほんとかね?」と疑いの目を向けてみてもいい。

そうやって我々は少しずつ、何を信じて良くて、何を信じてはいけないのかを学んでいくのである。

元ネタ

英語の日常表現より。

ストック!英単語

likely = ありそうな、もっともらしい

直訳では、「ありそうな話」という訳になりますが、会話では、 A likely story! は「ありえないよ、まさか」という意味で使います。
こちらもどうぞ

It’s your choice.

自分で決めろ。

<<No.138へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.101~150】へ | No.140へ>>

若葉マーク 今英語を頑張っている人に支持されている人気ベストセラー英会話教材

あわせて読みたい

英会話で使いたい英語の決め台詞について

すぐに使える英会話例文集⑦【英語の決まり文句】