(I’m) Gonna try my best. – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.159】

重い石を動かす男

(I’m) Gonna try my best.

最善は尽くすさ。

つまりは人智を尽くして

何か実現したいことがあったとき、どうしても手に入れたい何かができたとき、できることはただ一つ。それはできるうる限るの最善を尽くすことだ。

結果がどうであれできる限りの最善を尽くすこと。そこに意味がある。

もちろん結果は思い通りにならないかもしれない。むしろ希望通りにならないことの方が多いだろう。そして最善を尽くしても最悪、何も手に入れることができないかもしれない。

しかしそれでもかまわない。なぜなら最善を尽くすことで「自分はやるべきことをやり尽くしたのだ」という実感が持てる。それによって、目に見えないところで何かが変わっていく。

それこそが、実は一番大切なことなのである。

補足

gonna = going to

元ネタ

オアシスのリーダー、ノエル・ギャラガーの名曲「The Dying of the Light」から。

オアシス解散後からソロ活動を開始したノエルですが、その才能。音楽への熱い情熱は衰えず。ソロ・アルバムもオアシス時代よりまして、より進化を遂げています。

そしてノエルの歌には常に希望への祈りあり。「自分の人生はいろいろあるけれど、まだまだこれからなんだ!」とガッツを得たいときにおすすめしたい名曲です。

若葉マーク これなら安心。ビジネス英会話が学べるお役立ち英語教材

あわせて読みたい

英会話で使いたい英語の決め台詞について

英語を勉強する過程で洋楽に興味を持ったあなたにおすすめしたい英語名曲集

Make up your mind.

<<No.158へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.151~200】へ | No.160へ>>