All the world’s a stage. – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.2】

いろんな人々が行き交う渋谷の交差点

All the world’s a stage, and all the men and women merely players.

この世の中はすべて舞台。男も女も皆役者。

人生とは自分という名の物語

人は生まれて、「人生」という名の舞台に立つ。

そこで、あるものは主人公として舞台に立ち、そしてまたあるものは、自分の舞台にも関わらず、脇役として人々の道化を演じている。

この意味で、人生はまるで演劇のよう。あなたが人生という名の舞台でどんな役を演じるのか、演じる役次第で見える舞台、世界はガラリと変わる。

問題なのは「今あなたは一体どんな役を演じているのか?そしてその役を演じることに本当に満足しているのか?」ということである。

自分が一体どんな役を演じているのか?それを自覚することで、初めて見えてくるものがある。

もしあなたが今の役を演じるのがイヤであるなら、新しい役割を選ぶことができる。

新しいスタートを切ることができる。それは必ずできる。そして今度は、あなた自身の意志で、自分が演じるべき役を演じよう。

それこそがまさに、自分の人生を生きるということ。自分という名の物語の主役を演じるということなのだから。

ストック!英単語

merely = 単に

元ネタ

シェイクスピア『お気に召すまま』(As You Like It)―第2幕第7場より。

若葉マーク 英語を話せるようになりたい初心者向け教材【優しい・かんたん】

あわせて読みたい

英会話で使いたい英語の決め台詞について

やる気のでる英語名言集【偉人編】

In three words I can sum up everything I’ve learned about life: it goes
on.

<<No.1へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.1~50】へ | No.3へ>>