Put yourself in my position. – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.21】

説教されている女性

Put yourself in my position.

君たちがオレの立場なら?

「人の立場に立って考えろ!」とよく言われるが、それは案外難しい。

自分が自分でありえるのは、自分が自分の思考で、そして視点で物事を考えているからである。

もちろん、人の立場になってそれを想像することもできるが、想像するにもそこには常に自分というフィルターを介在しなければならない。

だからこそ、人の立場に立って物事を考えるのは、たくさんの人生経験と、根っからの思いやりが必要なのかもしれない。

それならいっそ、人に察してもらうことを期待するより、ハッキリ言葉で示した方が確実だ。

「きっと分かってもらえるはず」

「私がこういう状況なのだから、あの人はきっとこうしてくれるはず」

などと思いやりを期待せず、言葉に出して、してほしいことを名言した方がある意味安心で、スッキリする。

こういう人間関係の方が風通しが良くて気持ちがいいと思うが、あなたはどうだろうか。

元ネタ

ダニー・ローマン、映画『交渉人』より。

『交渉人』は英語における交渉力のスゴさを爽快に楽しめる名作映画。

主演のサミュエル・L・ジャクソン&ケヴィン・スペイシーの交渉人同士のやり取りに注目。

「説得する英語はこう使う!」を理解できます。

ストック!英単語

position = 立場

else = 他の

こちらもどうぞ

Sadness is easier because it’s surrender.

悲しみに屈するのは簡単。

<<No.20へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.1~50】へ | No.22へ>>

若葉マーク 英語が話せる喜びを!一から学べる英会話教材

あわせて読みたい

英会話で使いたい英語の決め台詞について

やる気のでる英語名言集【偉人編】