Sadness is easier because it’s surrender. – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.23】

悲しいときは踊ろう

Sadness is easier because it’s surrender.

悲しみに屈するのは簡単。

あなたは悲しいことがあったとき、辛いことがあったとき、一体何をして、その気持ちをまぎらわすだろうか?

悲しみがどうしようもなくて、その気持ちを何とかしたいなら、あなたにおすすめの方法がある。

それは思い切り身体を動かして「楽しそう」に踊ることだ。

人間不思議なことに、身体の動きを変えてしまえば、不思議と気分も変わっていく。だから悲しいときに肩をガックリ落とすくらいなら、両手を振り回して踊る方が気分いい。

悩んで落ち込んで、グッタリしてしまうことが気に食わないなら、まずは動く。ただ悲しみに屈して、肩を落として悲しむだけなら誰だってできる。

だから踊ろう。悲しくなったら身体を動かして踊ろう。

踊っていれば気持ちも変わる。「きっとよくなる!」と思えるはず。だっていつだって希望は、残されているのだから。

元ネタ

クレア、映画『エリザベスタウン』より。

「自分の人生はもうここまで」

そう思ったときは、この映画を観て、旅に出ましょう。

するときっと、人生には想像以上の奇跡が溢れていることに気づくかもしれません。

ストック!英単語

sadness = 悲しみ

surrender = 屈服する、引き渡す

こちらもどうぞ

Put yourself in my position.

君たちがオレの立場なら?

<<No.22へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.1~50】へ | No.24へ>>

若葉マーク 英語が話せる喜びを!一から学べる英会話教材

あわせて読みたい

英会話で使いたい英語の決め台詞について

やる気のでる英語名言集【偉人編】