Don’t put all your eggs in one basket. – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.298】


Don’t put all your eggs in one basket.
一つのことに全てをかけてはいけない。

選択はいろいろ

AかBか、常に何かを比較できる状態はとても良いことだ。

常にいろんな選択肢を確保することで、どの選択が自分にとって一番最善なのか、比較検討し、答えを出すことができる。

逆に、良くないのは、「これしかない」という、他に選択肢がない状態だ。

他に選択しがない場合、それが不満でも、問題があることが分かっていても、それを選ばざるをえない状態になってしまう。

他に選択がなければ仕方ないといえば仕方ないが、「これしかない」状態は気持ちに余裕が持てないし、その選択自体に満足できないことが多い。

だからこそ大切なのは、何をするにしろ、常に複数の選択肢を持つ、ということだ。

他にも選択肢があれば、どんなときも切羽詰まることはない。1つがダメなら他を選べばいい。それが心の余裕になる。

どんなときも、「これしかない」という状態より、「これもあるしあれもある」という状態を作っておきたい。

元ネタ
ことわざより。

メモ
卵を全部一つのかごに入れるな→「分散させなさい」の意。

こちらもどうぞ
Time, patience and perseverance will accomplish all things.
時間、忍耐、そして粘り強さがあれば、あらゆる事を達成できる。

<<No.297へ | 英語の決め台詞 part6へ | No.299へ>>

英語を頑張っている人に評価されている人気英会話教材まとめ