Love is best. – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.254】

絶賛恋愛中

Love is best.

愛こそ最上。

今目の前に、自分の大切な人がいる。誰かを愛して、そして愛される喜びを知っている。

それはまさに、人生の僥倖だ。

人は一人でも生きていくことはできる。とくに現代は、一人で生きていくことを選択する人が増えている時代である。

これはこれで間違っていない。

なぜなら、「その人」が現れないかぎり、無理矢理誰かを愛しようとする努力は、究極的に虚しい行為だからである。

そう、私たちは誰かを愛そうとして愛しているのではない。むしろ自然に、いや、ある意味強制的に、その人を愛するようになる。

だから、「私は◯◯を愛します」とか、意識でなんとかなるものではない。

この人がどうしても大切で、この人がいなければ自分の人生は成り立たない。その本能的確信こそが、誰かを愛する強い動機となる。

だから、もし、あなたの周りに「その人」がいなければ、無理して誰かを愛する必要はない。

しかしもし、あなたの周りに「その人」がいるならば、自分の本能がそれを告げているとしたら、絶対にそのチャンスを逃さないようにしたい。

それはまさに僥倖。人生の最も大きな喜びを味わえる、大切な経験となることだろう。

元ネタ

イギリスの詩人、ロバート・ブラウニングの詩「Love Among the Ruins」より。

こちらもどうぞ

To love is to suffer.

愛することは苦しむこと。

<<No.253へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.251~300】へ | No.255へ>>

若葉マーク 初心者が失敗しない定番の英会話教材といえば