Every journey begins with a footstep. – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.43】

我が道を行く

Every journey begins with a footstep.

千里の道も一歩から。

全ては今その小さな第一歩から。

あなたには「この道へ進みたい!」という道があるだろうか?

もしそれがハッキリ見えているなら、その道を進んでいく自分に対して幸せと誇りを感じるなら、その道は間違いなく正解である。

誰が何と言おうと、その道を突き進む価値がある。

とはいえ現実的に、あなたがその道を進み始めたところで、今すぐかんたんに目的地に到達することはできない。そしてゴールは、あなたが思っているよりも遥かに遠いかもしれない。

だが大丈夫。あなたが「この道は正しい!」という信念を持っているなら、いつか必ず、ゴールに辿りつくことができる。

最後までたどり着いたら、あなたは納得できる。自分の選択は間違いではなかった、ということを。「この道より我を生かす道なし」ということを。

ストック!英単語

journey = 旅路

footstep = 歩み、足取り

元ネタ

映画『ナイトミュージアム』 セオドア・ルーズベルトの名言から。

テディベアで有名なアメリカ大統領を、映画ではロビン・ウィリアムズがセオドア・ルーズベルト本人そっくりの姿で演技。

勇ましくもチキン(女性に対して)な一面がある、非常に人間的な姿が印象的です。

ついでにこちらの英語もストック!

Every journey begins with a footstep.とあわせて覚えておくと英語の表現力が広がるのがこちらです。ストックして、更に英語で言いたいことを言うためのチョイスを増やしましょう。

Rome was not built in a day.=ローマは一日にして成らず。

Slow but steady wins the race.=雨垂れ石を穿つ。

Let’s do it!=やってやろうぜ!

あわせて読みたい

Do what you want to do, no matter what anyone tells you.

<<No.42へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.1~50】へ | No.44へ>>