To love is to suffer. – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.256】

現在失恋中です

To love is to suffer.

愛することは苦しむこと。

誰かを好きになる。そしてその人を大切に想う。

多分、好きという気持ちとか、愛するという気持ちそれ自体は、暖かく、素晴らしい感情なのだと思う。

しかし面白いのは、愛という人が持っている最も崇高な感情の一つから、最も低俗でネガティブな感情が生じるという皮肉だ。

そう、私たちは愛するがゆえに疑いを持つ。愛するがゆえに、執着と苦しみに悩む。

もっとも愛情深い女が、その愛情ゆえに、もっとも嫉妬深い女に変わるのは、まさにそういうことだ。

そう、好きになるだけなら苦しみはない。愛は人を最も美しくもさせ、最も見にくくもさせる。

この意味で、愛に苦しむくらいなら、いっそのこと、誰も愛さない人生のほうが、かえって楽かもしれない。

しかし、恋に落ちてしまったときはもう仕方がない。愛に喜びそして苦しむ。

それこそが、人のサガなのだから。

元ネタ

『地球は女で回ってる』『ギター弾きの恋』などで知られる映画監督ウディー・アレンの名言より。

こちらもどうぞ

Love is best.

愛こそ最上。

<<No.255へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.251~300】へ | No.257へ>>

若葉マーク 初心者が失敗しない定番の英会話教材といえば