Just in case. – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.176】

安全第一の男

Just in case.

念のため。

「一寸先は闇」(You never know what comes next.)というように、人生はどこでどうなるかは分からない。

そこで常に想定しておきたいのが「まさか」の事態である。

つまり、最悪こうなってしまったらこんなふうに対応しよう。そんな、人生の想定外に備えるための心構えである。

人生、つねに万が一の事態を備えておくことは、イザというとき自分を守るヨロイとなる。

例えば何か新しいことを始めるとき、常に念の為に備えておく。その習慣を持つことで、人生を生き抜くためには用心深さが役に立つ。

「それはマジですか?」というような事態が起こったとしても、そのダメージは最小限に抑えることができるだろう。

元ネタ

特になし。

補足

just in caseで「~に備えて」、「もしものために」という意味になります。

「何かに備えて」というニュアンスをつけたいときに使います。

こちらもどうぞ

Act your age!

歳相応にね。

<<No.175へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.151~200】へ | No.177へ>>

若葉マーク 【保存版】完全初心者向けおすすめ英会話教材まとめ