I can’t sell my soul. – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.259】

誘惑に耐える男

I can’t sell my soul.

魂は売れないよ。

人生はトレードオフ。

何かを手に入れたときは必ず、何かを失っていく。しかし何があっても、どんなときでも、絶対に失ってはいけないものがある。

それが魂だ。

それは人間性という言葉で置き換えてもいい。それがなければ自分が自分でなくなってしまう。

そう、交換不可能な本質的価値を持つもの。

すなわち、魂とは自分が自分である証であり、自分を失ってしまえばもはや、替りに何を手に入れても無意味である。

魂なき人は人にあらず。生ける屍のようなものである。

だからこそ。何が手に入ろうとも。魂だけは絶対に失くしてはいけない。何かを得るために魂を売り渡すなど論外である。

どんな誘惑があろうとも、どんなにひっ迫した状況であったとしても、人として正しい選択をしたい。

つまりは、そういう話である。

元ネタ

映画『悪いことしましョ!』(2000年のリメイク版)の主人公エリオットのセリフより。

この映画で悪魔役をしているエリザベス・ハーレーは絶世の美女。こんな悪魔なら、魂を売りたくなるのも分かりますよね。

こちらもどうぞ

When one door shuts another opens.

捨てる神あれば拾う神あり。

<<No.258へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.251~300】へ | No.260へ>>

若葉マーク 初心者が失敗しない定番の英会話教材といえば