So long! – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.109】

バイバイを伝える女の子

So long!

またね!

言葉は人となり。

普段発する何気ない言葉。

そこにはおそらしいほど、その人の品性。考え方。価値観。そして生き様。全てのものが言葉から「それとなく」表出する。

基本的には、美しい言葉。人の気持ちを温める言葉が自然と口から出る人は、実際にそういう性格の人であることが多い。

一方で聞いていて角が立つ言葉。嫌な気持ちに箚せられる言葉。そういう言葉を平気で使う人は、その背景を知れば「やっぱりそうか」と、納得できることが多い。

たかが言葉、されど言葉だが、そこから察せられる情報はとてつもなく大きい。

特にパブリックな場面ではなく、プライベートな場面において発せられる言葉をそっと意識して確認してみる。するとそこに、隠された本心を発見できることに気づくだろう。

元ネタ

日常英会話の表現より。英語の日常フレーズで、カジュアルな表現になります。

「さよなら」を言う英語はいろいろありますが、See you!などの定番表現ではない英語を使いたいなら、So long!が選択肢の1つとなります。

ちなみに別れ際の英語にはこのようなフレーズがあります。

Until next time.=それじゃまた。

See you around.=またね。

Hope to see you again.=またお会いしましょう。

若葉マーク 英語を始めたい人に売れてる人気の英会話教材とは

あわせて読みたい

英会話で使いたい英語の決め台詞について

やる気のでる英語名言集【偉人編】

Don’t look at me like that.

<<No.108へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.101~150】へ | No.110へ>>