Give it time. – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.269】

焦らないでね。

Give it time.

焦るな(時間をかけてゆっくりやれ)。

物事にはタイミングがある。

必要なものには、必要なだけの時間と手間がかかる。そのことを昔の人は「摂理」と言った。

焦って動いても、時間を短くすることはできないし、焦って余計な手を加えてもダメだ。

むしろ余計な手を加えることによって、自然にしておけば上手くいくことさえもダメにしてしまう。

結局、必要なことには必要なだけ時間がかかる。収穫にはベストタイミングがあるのだ。

焦るべからず、急ぐべからず。必要なだけ、時間をかけるしかない。そうすれば、必要なとき。必要なタイミングで。最適な形でうまくいく。

そう、まさにそれこそが、物事の「摂理」というやつなのだから。

元ネタ

特になし。

人生訓的な英語ですが、この手のフレーズは英語力だけでなく、人間力アップのためにもお役立ち。

いろいろ覚えて、適切な場面で、サラッと使ってみたいものです。

こちらもどうぞ

Time will take care of the rest.

時間が解決してくれる。

<<No.268へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.251~300】へ | No.270へ>>

若葉マーク 初心者が失敗しない定番の英会話教材といえば