Dance if you wanna dance. – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.55】

シェアする

喜びの表現

Dance if you wanna dance.

踊りたければ踊ればいい。

したいことをするのは自分。

あなたの人生で絶対に忘れてはいけないことがある。

それは、どのような状況であれ実際にそれをするかしないかの選択は、常にあなた自身にある、ということだ。

あなたはしたいことをすることができる。あなたはしたくないことを拒否することができる。

例えば相手が誰であれ、それをすることによってあなたという人間の尊厳が踏みにじられてしまうことに対しては、断固として「ノー!」を突きつけることができる。

つまり、本当の意味で誰もあなたに何かを強制することはできない。

借りに、「自分は~しなければならない」とあなたが感じたとしても、最終的にそれをするかしないか、本当の選択権はあなた自身が持っている。

あなたはそれを拒否する権利を持っている。誰から何を言われようが、何を強制されようが、そのことだけは、絶対に忘れてはいけない。

あなたの人生は、あなたが主役の物語。そして、あなたがしてきたこと全てに対して、あなたは最後、自分自身で責任を取る必要があるのだから。

ストック!英単語

want to = ~したい

元ネタ

英国出身のバンド、オアシスの『ザ・マスタープラン』の歌詞から。

まさに「希望」という言葉がぴったりの90年代を代表するスーパー神曲がこれ。

「私達は皆マスタープランの一部。声を張り上げて誇りを持って歌おう」

その強烈なメッセージは、いつの時代にも決して色あせない、強烈なパワーを放ち続けています。

若葉マーク これなら安心!初めての方におすすめの英会話教材

あわせて読みたい

英会話で使いたい英語の決め台詞について

やる気のでる英語名言集【偉人編】

Youth is a state of mind.

<<No.54へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.51~100】へ | No.56へ>>