I wish I could. – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.75】

思わせぶりな女

I wish I could.

そうしたいんだけど。(でもダメです。)

個人的に好きな言葉の一つに、夏目漱石の「智に働けば角が立つ。情に棹せば流される。意地を通せば窮屈だ」という言葉がある。

あれこれハッキリ言ってしまった方がスッキリするけれども、それで人間関係はこじれてしまう。

あいまい態度で振る舞っていると、いろいろ面倒なことに巻き込まれる。自分のこだわりを貫き通そうとすると、それはそれでいろいろ不自由で困ってしまう。

「それなら妥協すればいいんだろう」とも思うけれども、妥協ばかりしていては、そのうち自分の筋も通せなくなってしまう。

こんな感じで、世の中は一筋にはうまくいかない。あちらを立てればこちらが立たず。まぁ、そういう場所なのだ。

人間関係であれこれ苦労するのは結局のところ、人として生まれた宿命なのかもしれない。

元ネタ

英語の仮定法の表現から。

基本的にI wishを使うときというのは、その願望が叶わないことが分かっているときです。

したいけどできない。そんな心の悲しみをつぶやくのがI wishという英語。この意味で、使う機会はない方が幸せかも。

ストック!英単語

I wish ~ . = ~であればいいなぁ。(可能性が低い、できないと分かっている)

こちらもどうぞ

Love actually is all around.

愛はいたるところにある。

<<No.74へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.51~100】へ | No.76へ>>

若葉マーク これなら安心!初めての方におすすめの英会話教材

あわせて読みたい

英会話で使いたい英語の決め台詞について

やる気のでる英語名言集【偉人編】