Don’t look at me like that. – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.111】

煽りマン

Don’t look at me like that.

そんな目でオレを見るなよ。

世の中にはいわゆる、マウンティングを趣味とする人々。正確にいえば、常に自分と人を比べずにはいられない、自分に自信が持てない人々がいる。

彼らは常に自分が上であることを確認できる証拠を探しており、自分が勝てそうな人。マウントできる人を目ざとくみつけ、マウンティングを開始する。

彼らのターゲットにされた人で、マウンティングの対処法を知らない人はその餌食になり、とても不愉快な気持ちにさせられる。

一方、マウンティングをする人の心理真相を理解している人はむしろ反撃のチャンス。専守防衛で適切に対応。彼らに心理的打撃を与えることができる。

それによって、まだほんの少しでも良心が残っているマウンティングパーソンは気づく。自分が哀れでかわいそうな人と見られていることを。

元ネタ

英会話の日常フレーズより。

ストック!英単語

look at = ~を見る、眺める

like that = そんなふうに

単語を分けて理解しようとすると難しいので、単純に「そんなふうに見ないでくれ」という意味で覚えておけば分かりやすいと思います。
こちらもどうぞ

So long!

またね!

<<No.110へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.101~150】へ | No.112へ>>

若葉マーク 一から英語を学びたい人のための英会話教材

あわせて読みたい

英会話で使いたい英語の決め台詞について

やる気のでる英語名言集【偉人編】