It means nothing. – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.245】

そりゃないぜよー

It means nothing.

それに意味はないさ。

人生を楽しむ絶対的秘訣の一つは、あれこれ物事に意味や理由を求めないことである。

「今なぜ、こんなことが起こったのか?」

「一体自分にどんな意味があるのか?」

「何のためにこれを頑張るのか?」

いちいち、目の前のことに意味や理由を求めると何がなんだか分からなくなる。

だからそんなことを考える必要はない。そのかわり、ただ、今目の前のことに全力を尽くせばいい。ポイントはまさにここだ。

今目の前のことを全力で頑張る。そこに意味だとか、理由だとか、求める必要はない。

ただ、目の前のことに全力を尽くす。そうすれば新しい道が続いていく。そしてそのうち、意味や理由が分かる。

そう、わざわざ考えなくても、必然性が理解できる。そういうものだ。

だから大切なのは理由じゃない。ただ、目の前のこと。それだけを必死で頑張ればいい。手を抜かず、最善を尽くせばいい。ただそれだけのことなのだ。

元ネタ

ウェールズ出身のバンド、ステレオフォニックスの名曲の一節より。

ステレオフォニックスは無骨でまっすぐ。ストレートなサウンドが特徴の英国のバンド。メロディアスなロック系サウンドがお好きな方にはぴったりはまるでしょう。

<<No.244へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.201~250】へ | No.246へ>>

あわせて読みたい

洋楽でもっと英語を好きになる!英語名言集【名曲編】