ホーム > 知って得する英語の豆知識 > ネイティブが使うスラングの「Dude」について

「おまえ、あいつ」のくだけた言い方


YouTubeでネイティブが配信している動画を見ていると、よく「Dude」という言葉が使われていることに気がつきます。

このような具合です。

「Hey, dude.」
「What's up, dude?」
「What are you doing, dude?」

これで大体の意味は分かると思いますが、Dudeは「おまえ、あいつ、野郎」という意味のスラングで、manのスラング的な英語のようです。

上記の英語を、

「Hey, man.」
「What's up, man?」
「What are you doing, man?」

というように置き換えると、分かりやすいと思います。

Dudeという言葉は、もともとはカリフォルニアなどの海岸部のサーファーたちが使う言葉だそう。

ネイティブが動画でDudeという言葉を使っているところを聞くと、かなりくだけた若者言葉のような感じがします。

使われる場面としては、基本的にあいさつするときにDudeが使われることが多いようです。

また、シチュエーション的に、驚きや怒りを表現するときにDudeを使う場合もあるようです。

とてもくだけた、ゆるーい印象の英語なので、若者同士のコミュニケーションで、「Hey dude, what's up?」と言うと、日本語で言う「やぁorオッス」というような感じで使われる言葉になっているようです。

ちなみに、dudeはmanなので男、やつ(野郎)という意味なので、女性には使わないようです。

まとめると、Dudeを使う場面は次の通りです。

ポイント
1・あいさつ
2・単純にあいつ、野郎をスラングで言うとき
3・「おい!」、「野郎!」など感情を出すとき

参考動画(ネタ動画です)


日本にいるとなかなかこのようなスラングを耳にする機会はありませんが、こんなくだけた表現も、使い方によっては、面白いかもしれません。

若葉マーク「最低限の英会話を覚えたい」と思った時に参考にしたい教材

関連記事
これだけは暗記しておきたい英語のあいさつ

<<英語の豆知識一覧へ

スポンサードリンク