I'd like to 〜 - この英語で自分の希望を伝えよう


意味:「〜したい」(I'd = I would)
実用性が幅広い文です。飛行機の中で、レストランで、いろいろなシーンで応用がききます。

例1
飛行機で座席を変更して欲しい場合、

飛行機の機内

I'd like to change my seat. 
(席を変更して欲しいのですが。)

と言えば、対応してもらうことができます。

例2
万が一飛行機に乗り遅れたり、便を変更したい場合、次のようにI'd like to を使うことで、便を変更することができます。

I'd like to change my flight for July 7th.
(7月7日のフライトに変更したいのですが。)

例3
機内で濃いコーヒーが欲しい場合もI'd like to が便利。次のような英語でお願いできます。

コーヒー

I'd like to have a strong coffee.
(濃いコーヒーが欲しいのですが。)

となります。料理の注文や自分の希望を伝える例文です。ぜひ覚えておきましょう。

使い方:I'd like to + 動詞の原型
I'd like to の後に、名詞や動詞(原型=sなどが付かないもとの形の動詞)が入ります。例1・2の場合は「change=変えて欲しい」という動詞が、例3の場合「持ちたい(欲しい)=have」が使われています。

ついでに覚えよう
I'd like to have 〜(やや丁寧な言い方) =I want 〜(ややフランクな言い方)
(〜が欲しい)

レストラン

何かを欲しい場合や、レストランやお店で注文をするときに使います。I'd like to have 〜 も I want 〜 も、ニュアンスが少し違うだけで、意味は同じです。

お店で欲しいものが決まって、店員さんに言うときは、品物をもって、「I'd like to have 〜 」も 「I want 〜」を使ってみましょう。

こちらの英語もどうぞ
May I 〜 「○○してよいですか?」

「英語を頑張りたい」という人に売れている人気の英会話教材

<<覚えておきたい英会話の例文集へ

スポンサードリンク