I’m ~で覚える英会話の超基本例文

私はだーれ

英会話の基礎の基礎となる表現がI’m ~. という英語です。

「私は~です」と自己紹介するときに使う英語で、英会話を学ぶまさに第一歩。最初に覚えたい重要な英語です。

I’m ~.をとっかかりにしてくことでステップ・バイ・ステップ。自分のことだけでなく、他の人のこと。もののことも説明できるようになります。

I’m ~.を基本として、少しづつ英語表現の幅を広げていきましょう。

I’m ~.の基本パターン2つ(肯定+否定)

・I’m(I am)+名前. = 自己紹介

→I’m Naoki. = 私はナオキです。

・I’m not ~. = 私は~ではありません(否定)

→I’m not Naoki. = 私はナオキではありません。

否定したいときは、I’mの後ろにnotをつけましょう。

英会話で自己紹介したいI’m ~.の厳選5フレーズ

あなたご自身に当てはめて覚えてみてください。

1・名前

I’m(I am)+ 名前.

→I’m Naoki.(私はナオキです。)

2・出身地

I ‘m from + 場所.

→I’m from Hokkaido.(私は北海道出身です。)

3・年齢

I’m(I am)+ 年齢.

→I’m 27 years old.(私は27歳です。)

4・職業

I’m(I am)+ a(an) + 職業.

→I’m a student.(私は学生です。)

→I’m an engineer.(私はエンジニアです。)

aとanの違いは、名詞の先頭の音が母音(あいうえお)か子音(あいうえお以外)かの違いです。

類似表現として、I work for ~ . I work in ~ . があります。覚えておきたい職業の英単語一覧はこちらです。

What do you do?の使い方と返し方

5・気持ち

I’m(I am)+ 形容詞.

→I’m happy.(私は幸せです。)

ストック!英単語

years old = 歳

まとめ

最後にまとめです。

I’m ~ .は自分を説明するための基礎英語です。使い方をしっかり覚えることで、簡単な自己紹介を英語ですることができます。

I’m ~ .とあわせて、

1・職業

2・形容詞

などの英単語をきちんと覚えておくと、I’m ~ .だけでもいろんな表現を英語で伝えることができます。

I’m ~ .の使い方を覚えたら、次は彼女や彼、彼ら、それ、あなたの表現を覚えていきます。

そのために大切なのが、be動詞の理解です。主語+be動詞の仕組みをしっかりして、説明できる表現を覚えていくことが大切です。

英語のbe動詞を分かりやすく解説。意味と使い方をここで習得!

あわせて読みたい

英会話の基本表現を分かりやすく覚えたい初心者におすすめの教材

英会話の始め方を初心者向けにかんたん解説!

すぐに使える英会話例文集①【あいさつで使う英語フレーズ】

シェアする

フォローする