ホーム > 勉強のコツ > 映画で英会話&英語を勉強する

楽しく英語を学べるのが一番のポイント!


洋画は手軽に英語に慣れる絶好のメディア

気軽に観る事ができますし、好きなスターが出演している映画なら学習にも気合が入るかもしれません。

特に映画は、よく使われる英語の言い回しを覚えることができるので英会話の勉強に効果的。俳優のフレーズを真似することで、気軽に暗記もできます。

また、最近の洋画DVDでは、英語の字幕を設定することができます。この機能を使えば、リスニングの勉強にもなります。

そこで、このページでは、映画を10倍(?)学習に役立てる方法をご紹介します。

スポンサードリンク


英会話学習に向いている映画・向いていない映画
さて、まずは観る洋画を決めます。

このとき、アクション映画は避けます。アクション映画の場合、俳優のせりふが短く、F系の言ってはいけない言葉(「ピィー」という音が入る類です)や、あまり使わない方がよいスラングが結構登場します。

例えば、ブルース・ウィルス主演の人気アクション映画「ダイ・ハード」の場合。観る分にはとてもおもしろく、スカッとする映画です。

ただ、正直言葉が汚すぎて、英会話の学習の素材としてはあまり効果がありません。ハードなスラングを覚えて、ネイティブに使っても、あまりよい印象を持たれない可能性があります。

それではどういう映画がおすすめかというと、ずばりヒューマンドラマです。

ヒューマンドラマの場合、台詞が洗練されているものが多く、実際の英会話のやりとりから使い方まで、実用的な学習ができるからです。

例えば、間接話法の使い方、ニュアンスなどを注意深く考えることで、俳優の伝える英語の意味(含み)が分かります。つまり、言語としての英語を、深いところで学習できるのです。

言葉と言うのは、意味を伝えるだけでなく、話者の気持ちや立場も伝えることの出来る優れたツールです。

ヒューマンドラマの場合、ライター(脚本家)が繊細なニュアンスまで考えて台詞を書いていることが多い傾向にあります。

語彙の幅、表現も多彩で、台詞だけ読んでいていろんな受け取り方ができます。もしも映画を素材に英語を学ぶなら、こういうものが英会話学習の素材としてピッタリです。

イギリス・アメリカ、自分の好みで
選ぶ内容としては、イギリス映画、アメリカ映画など、あなたの好みで、何度も観たくなるようなものを選べばよいでしょう。ここら辺はあなたの好みを大切にして下さいね。

管理人の場合、アメリカ英語よりもイギリス英語(クイーンズイングリッシュ)の方が何となく好きなので、英国の映画を観ながら学習したことがあります。

(古いですがオリビア・ハッセー主演のロミオ&ジュリエットがよかったです。シェイクスピア系は何度も観ました。)

やってみよう
勉強する映画を決めたら、英語字幕モードにします。そして、登場人物の英語を聞き取り、シャドウイングしていきます。

シャドウイングが難しい場合は、映画の登場人物のキャラクターを一人を選びます。そして、そのキャラの台詞だけ、練習をします。

台詞を覚えられるまで、巻き戻して何度も台詞を繰り返して練習するのが効果的。何度も口ずさんでいると、自然に口から英語がでるようになります。

注意点ですが、この練習をするときは、できる限り和訳することは避けましょう。

映画を観ていて、もし台詞の意味が分からなければ、前後のストーリーの流れから意味・ニュアンスを推察することをおすすめします。

こうすることで、リーディングの推論力もつくのでおすすめです。どうしても意味が知りたいのなら、一度日本語字幕に戻して意味を確認するとよいでしょう。

初心者の方は、上記のトレーニングの前に日本語音声(吹き替え)を使ってもかまいません。英語字幕モードにする前に、映画の内容を確認しておきます。

その次に、

・登場人物の名前、固有名詞
・登場人物の関係(対立・友情・恋愛)など

を確認します。

内容を整理しておくことで、「だからこの人はこんなことを言うんだ!」などの面白い発見があり、英語を聞き取ることが楽しくなります。

さて、後は必要に応じて何度も映画を繰り返し観て、練習をします。

時間がないかた、飽きた方は、名場面でもよいので、「これだけは覚えたい!」というフレーズをノートに書いておくとよいかも。

こうすることで、あなたの英語財産がどんどん増えていきますよ。最近私が観た『アクロス・ザ・ユニバース』(Across The Universe)という映画では次の台詞が良かったです。

What you do defines who you are.

最後に、いくつかおすすめの映画をご紹介します。

・いまを生きる


こちらもロビン・ウィリアムズ主演のヒューマンドラマです。話の筋、登場人物の考え、立場なども分かりやすいです。

古典からの引用が出てくるので、興味がある方はぜひ。特に10代の方なら、何か感じるものがあるかも。

・ブリジットジョーンズの日記


明るくて陽気なミス30、ブリジット・ジョーンズのラブコメディ映画です。多少、下品なところがありますがイギリス英語の雰囲気がつかめます。

注目はコリン・ファース演じる寡黙でニヒルな弁護士と、ヒュー・グラント演じるイケメンビジネスマンの描写。

また、英国の独自の階級システムも垣間見れる面白い映画です。

・エリザベスタウン


個人的にかなり好きな洋画です。

キャメロンクロウ監督作品で、洋楽の選曲も文句なし。仕事で結果を出そうとガムシャラに働いていた主人公がプロジェクトに失敗した場面から物語が始まります。

シリアスムービーかと思いきや、人生、旅、いろんなテーマが詰め込まれていて、観た後は心地よい気分になります。

次のページへ
洋楽で英語を勉強する

関連情報
英会話初心者のためのYouTube活用法
洋楽で勉強する
憧れがある人は強い

<<英語&英会話の学習法一覧へ

スポンサードリンク