ホーム > リスニング学習法 > 15分から始めよう

英語のリスニング力アップは習慣作りが重要


英会話のCDを聴く男

英語耳を育てるには聞き取りからスタート!

リスニングの能力を伸ばすためには、まず英語を聴く習慣を持つことが大切です。英語は言葉。普段から英語を聴き、話すトレーニングをしてこそ、英語を使いこなせるようになります。

しかし、私達日本人は、英語を聴く環境は絶対的に不足しています。私達自身が環境を作らない限り、日常生活で英語を聴く機会はありません。

そこで、毎日、1日の生活でどれだけ英語リスニングを習慣にすることができるかが、上達のポイントになります。

スポンサードリンク


まずは15分から
とはいえ、毎日1時間2時間もリスニングする必要はありません。

もちろん、毎日2時間もリスニングすれば、上達は速くなるかもしれませんが、現実的に1日何時間も英語を聴く時間を持つのは難しいことでしょう。

まずは出来る範囲で出来ることをしていけばOK。あくまで無理のない範囲で続けていきます。おすすめは、1日15分のリスニングトレーニングから始めることです。

なぜ15分かというと、理由は2つあります。

1つは、どんなに忙しくても、15分くらいの時間なら、努力すれば作れること。

もう1つは、英語に慣れていないうちの長時間リスニングは、集中力の面でトレーニングが大変だからです。

長時間無理にリスニングしようとするより、短い時間で集中した方が、すっきりします。

また、リスニング教材を使う場合、15分ほどあれば、少なくとも2〜3回は同じトラックを2〜3回聴くことができます。

英語は繰り返しリスニングすることで力が付いてくるので、15分の集中リスニングは効果的な学習になります。

無理に浅く広くリスニングするより、1つのトラックを集中して繰り返した方が、効率よく能力を高めることができます

1日15分、勉強する教材を決めて、繰り返し同じトラックをリスニングすることをおすすめします。

このとき、ネイティブのアクセントをまねて、正しい英語を練習するのがコツです。

英語を聴く工夫をする
普段、自宅であまり英語を勉強する時間を取れない方は、外出中のスキマ時間の活用がオススメです。

・車を運転するときにオーディオでリスニング教材を流す
・通勤電車の中で、ポータルCDプレイヤーを使ってリスニングする

という具合に、英会話教材を電車や車などで使います。

私も、30歳になりたての忙しい頃、朝4時30分起きで6時に家を出る生活をしたことがあるのですが、そのときは自宅で英語を勉強する時間がほとんどありませんでした

そこで、通勤中の電車で英会話教材を聴いていたのですが、自分の耳が育っていくのを実感。小さなことでも、継続すると大きな力になることを知りました。

忙しい日々のなか、ちょっとした工夫をすることで、1日の飽き時間が効果的な英語学習時間になります

短い時間でかまいません。

毎日、リスニングを続けることができるよう、環境を作り、トレーニングできるように工夫してみてはいかがでしょうか。

注目
この英会話教材で英語耳を育てる!初心者のためのリスニング教材

関連情報
リスニングで英語の発音を覚える
精聴と多聴をバランスよく
英語耳を作る7つの習慣

<<英語のリスニング学習法に戻る

スポンサードリンク