ホーム > 知って得する英語の豆知識 > ミドルネームの豆知識

英語のミドルネームの名付けは家族の伝統を大切にする?


英語力アップのため、イギリス人のネイティブの先生に英会話を習っていたときのこと。

レッスン中、英語圏のミドルネームの話になり、そこで英語のミドルネームについて面白い話を聞きました。

ミドルネームとは

名前(ファーストネーム)と、姓(ラストネーム、ファミリーネーム)の間に入る名前のこと。

もともとは、宗教的な理由でミドルネームをつけるのが流行。今は同姓同名を避けるため、ミドルネームをつける(らしい)。


日本人にはあまり馴染みのない習慣ですが、イギリスやアメリカなどの国の人は、ミドルネームを持っています。

ではどうやってミドルネームを決めるのか?

イギリスでは、その方法の一つとして、先祖のファーストネームをミドルネームにつける方法があるそうです

【例】
祖父:John Andrew Smith
父親:Tom John Smith
本人:Micheal Tom Smith
子ども:Abel Micheal Smith
(名前は適当です、念のため)

こんな具合、父親は祖父の名前を、本人は父親の名前という具合、家族の名前をミドルネームにすることによって、一族の結束、つながりを大切にするそうです。

自分の親、先祖の名前をミドルネームとして引き継ぐことで、家族の伝統を意識する。自分の名前も次世代へ引き継がれていく。

日本でも、仙台の伊達家に仕えた片倉家当主が「小十郎」という名前を引き継ぐ話がありますが、家族の伝統を感じて良いですね。

ただ、この話が面白いのは、ミドルネームの名付け法則はあくまで長男のみに適応されるとのこと。

で、次男以降の子どものミドルネームは好きに決められるそうです(その人は「何でもいい」と言っていました)。

名前を引き継ぐのは長男だけ。

ということは、長男がいろいろ家族の伝統引き継ぐ役割を背負うのは、日本だけでなく、イギリスも同じなのかもしれませんね。

関連記事
日本人が知らないイギリスの英語事情

<<英語の豆知識一覧へ

スポンサードリンク