ホーム > 私の英語体験談 > ブレイクポイントは突然やってくる

英語の学習、やったことは結果になる - 量質転化の法則


空と木

「英語を話せるようになりたいと思った。」
「そこで、毎日英語を勉強しているけど、ぜんぜん伸びない・・・」
「英単語も文法もなかなか覚えられない。自分には向いていないのではないか?」

このような悩みを、誰しも経験するのではないでしょうか。もしかしたら、あなたも私と同じような経験をお持ちかもしれません。

努力しているのに結果がでない。
これはつらいことです。

でもご安心を。表面上は何も変化がないように見えるかもしれませんが、努力を続ければ、ある地点(ブレイクポイント)を境に、劇的な変化を体験します。

私の場合、英語を本格的に勉強し始めたとき、1日5時間近く勉強しても、最初の1ヶ月ほどはぜんぜん効果を感じることができませんでした

相変わらず英語を読むスピードは遅いし、なかなか英単語を覚えることができず、「勉強してできるようになるのか?」という疑問を感じました。

ただ、学習をコツコツ継続していったところ、勉強スタート2ヶ月目くらいでしょうか、突然目の前が大きく拓けたような体験をしました。

ある時点から、急激にリーディングのスピードが高まり、内容が理解できるようになったのです。

それまで、1日1時間でようやく200〜300文字くらいのテキストを読むことができるレベルだったのが、英語が格段に理解できるようになったのです。

それまでコツコツ暗記してきた英単語・英文法が無意識のうちに自分の力になったのかもしれません。

辞書を引く回数も大幅に減り、長文を読んでいて、分からない英単語が出てきても、前後の文脈から意味を推測することができるようになりました。

このように、ある日成長のブレイクポイントは突然やってきます。「毎日勉強しているのに、なかなか思うように成果が出ない」という方には、強くこの事を知っておいて欲しいと思います。

勉強したことは、必ずあなたの力になっていますし、成長のスピードは人それぞれ違います。

そして、勉強している努力は、目に見えないかもしれませんが、確実に積み上げられています。それがだんだんと積み重なって、ある日気付いたら、それが大きな力になるのだと思います。

それを証明する量質転換の論理という有名な法則があります。

「量の変化がいつの間にか、質を変化させる」という理論で、有名な社会学者、カール・マルクスが発見した理論です。

例を挙げます。

目の前に、塩の山があります。塩を天秤の左側に乗せます。天秤の右側には何もありません。

そして、左側の塩を、右側へ少しずつ、スプーンで移していきます。1さじ、2さじ、塩を移しても、一見何も変化がありません。

ところが、30さじ、40さじと塩を左から右へ移していくと、気付いたら右側に塩の山ができ上がっています。

つまり、一見効果がないように思える行動を続けていくと、それはいつしか目に見える結果になるということ。これを英語学習に当てはめてみると、次のようになります。

英語の単語・文法暗記など、勉強を重ねること(量の転換)で、いつか必ず英語ができるようになる(質の転換)

私もこのような経験をしているので、実感として理解することができます。

量と質の転化について、明治大学教授の斉藤孝先生は、著作『頭がよくなる思考法』(ソフトバンク新書:P198)で次のように述べています。

自転車なら10回で乗れる人もいれば、100回かかる人もいます。

100回かかる人が、10回で乗れる人をみて、「運動神経のいい人は違うな。私はいくら練習したってダメなんだ」とあきらめてしまったら、その人は一生乗れないことになります。

でも、その人もあともう少し練習したら乗れたのです。いつ質的変化が起きるかは個人差があります

神様には「あなたは○○回の練習で、できるようになるよ」が見えているかもしれませんが、「○○回」が見えない私達は、努力をあきらめがちです。

そんな時、「量質転化の法則」を知っていれば、努力を続ける希望となるのです。


努力を続けているとき、一番しんどいのが、「頑張っているのに結果がでない」、「できるようにならない」時だと思います。そういう時、やっていることが、ムダに思えるかもしれません。

ところが、実はやったことにムダは1つもありません。目に見えないかもしれませんが、英語に取り組めば取り組むほど、その努力は確実にあなたの成長につながっています

量は質という結果につながる
やりきったとき、それが初めて分かります。

「本当の英語ができるようになるのか?」とお悩みの方は特に、あなたの努力(量)は、かならず結果を生む(質)ということを知って欲しいと思います。

関連記事
英語という投資
3ヶ月、続けてみよう
スランプを乗り越える

<<私の英語体験談一覧へ

スポンサードリンク