ホーム > リーディング学習法 > パラグラフごとに理解する

英文を読むうちに内容が分からなくなるというとき


英文を段落ごとに理解、分けて読めば理解も簡単!

パラグラフをつかむ
パラグラフとは、段落のことです。リーディングでは、読む文章の大意を理解するとともに、各パラグラフの内容を把握することが大切です。

通常、各パラグラフにはそれぞれポイントがあります。リーディングをするときはいつでも、「この段落で何が一番大切なのか?」という点を意識しましょう。

また、英検TOEICTOEFLなど、英語試験では、各パラグラフの内容把握問題が出題されます。それぞれの段落で、

・何の話か
・何を伝えようとしているのか

を意識することで、大切なポイントが見えてきます。リーディングをする場合、まずはかんたんに、パラグラフを自分なりにまとめる練習をするとよいでしょう。

スポンサードリンク


流れをつかむ
ところで、長文を読むと、必ずと言ってよいほど、パラグラフとパラグラフの間にbut などの単語が出てきます。

こういう場合、文章前の文章を否定する内容が続きます。こうした否定の後の文章が、結構大切なケースがあります。

例えば、次の文章を読んでみましょう。



日本人の英語力は低いと言われている。

その理由は、コミュニケーションを軽視した、文法中心の英語教授が原因にあると考えられている。しかし、実際本当に日本人の英語力が低いのかどうかということは、疑問が残る。



この場合、作者の意見はおそらく「日本人の英語力は、世間で言われているほど悪くない」という考え方をもっていると考えることができます。

このように、But などの単語が出てきた場合、話の流れが動いています。

前置きが終わって本題に入るというパターンです。特に、パラグラフごとの最初の単語は、特に注意して読みましょう。

パラグラフ理解度を高めるレッスン
各段落の内容を理解する方法として、次のレッスンがおすすめです。

1つのパラグラフを読み終えたら、自分の言葉でまとめる練習をします。だいたい、30語程度にまとめます。

つまり、「この段落の内容を30字でまとめよ」というものです。

30字でなくともかまいませんが、大切なことはその段落でどのようなことが書いてあるのかを、自分なりに把握すること。

内容を大まかでも理解していれば、読み返すときもすぐにどこを読めばよいかが分かります。

初心者の方の場合、リーディングをするとき、各段落の内容をまとめることで、スムーズに読みすすめていけると思います。

関連情報
テキストを使い倒す
大意把握を意識する
速読のコツ【ベーシック編】

<<英語のリーディング学習法一覧へ

スポンサードリンク