ホーム > リーディング学習法 > 辞書作戦で英単語力を身につける

辞書を引いて英単語を覚えることは大切


英文読解上達の実践トレーニングです。辞書を徹底活用したリーディング攻略法です。

辞書作戦
管理人が初心者の頃使ったリーディング学習法です(大学受験の勉強でした英語勉強法です)。

はじめに断っておきますが、この方法は根性論的な方法なので、かなり忍耐力を要します。

勉強法の目的
第一に単語の暗記を最大の目標にしている方法です。長文の理解というよりも、まずはともかく英文に慣れて、英単語を覚えることを優先しています。

こういう方におすすめ
絶対にリーディングができるようになる必要がある人です。例えば、期限付きでTOEICや大学受験で、点を取る必要がある方におすすめです。

自分の現在の実力に関係なく、ただやるだけの方法なので、やる気のある人なら、急激なレベルアップが期待できます。その分、自分に対する信頼と忍耐力が要求されます。

準備
まずはテキストを用意します。理想的な教材の内容は、英単語と熟語、あわせて2,000語程度収録されているものをおすすめします。

はじめよう
この方法は簡単です。超ストレートな勉強法です。

1日テキストを1ページから2ページ、毎日分からない単語を辞書で引いて読んでいくだけです。

長文の内容を理解しようがしまいが、問答無用で英単語の意味を調べていきます

テキストのレベルが難しかろうが簡単だろうが、関係ありません。ひたすらテキストの英文を読み、分からない英単語を訳し、テキストの上に書き込んでいくだけです。

理屈も何もありません(笑)。ひたすら辞書を引いて引いて、引きまくるだけ。

ある意味、頭を全く使わないので、ある意味でラクかもしれませんが、作業になります。勉強を楽しむ工夫も何もありません。ひたすら分からない単語と熟語を辞書で引いていくだけ。

どんな難しい英文でも、極端な話、全部の単語が分かっていれば、大体意味は分かります。正直何のひねりもありません。

が、この方法で1冊テキストをやり切れば、かなり長文が読めるようになっていると思います(ただし速読のスピードは上がりません・あくまで英単語ストックのための学習法です)。

人によっては、ひたすら辞書で意味を調べていくことは苦痛になると思われます。どちらかというと、「根性」という言葉にピンと来る、体育会系の方におすすめする方法です。

単純な方法ですが、かなり英単語を覚えられます。同時に膨大な英文を読むことになるので、後の速読の基礎になります。

辞書で意味を調べまくって、単語がそこそこ暗記できたら、次は理解重視の学習に移行、速読・多読に移ります。同時に構文の勉強も忘れずに。

関連情報
英単語 覚え方のコツ
暗記は忘れることを前提に
読解のスキルと英単語力

<<英語のリーディング学習法一覧へ

スポンサードリンク