海外旅行でのチップについて


お店

日本人にはまだなじみがありませんが、外国(欧米諸国)では、レストラントやホテルのボーイへチップをあげる習慣があります。

ただ、どのようにチップをあげたらいいか、中々分かりにくいと思います。通常、チップはサービスの質への評価のようなものなのですが、たかがチップと思いきや、ケチるととたんにサービスが悪くなることもあります。

せっかくの海外旅行、食事も宿も、楽しく快適に過ごしたいものですよね。そこで、このページでは、旅行が10%楽しくなるチップの扱い方についてまとめています。旅行へ行ったときは、ぜひ試してみて下さい。

まず最初に払う
レストランで席に着いたとき、まず最初にボーイ(給仕してくれる人)に、使うお金の15~20%ほどのチップを先払いすることをおすすめします。

例えば、5,000円分ほどディナーを楽しむつもりなら、750円~1,000円ほど先に渡しておくのです。この際、「I want to enjoy this dinner. 」など一言、笑顔で話しかけます。

このようにほんの少し心配りをしておくと、あきらかにサービスの質が変わります。店員がいつでもあなたのテーブルに気を配ってくれるようになるので、雰囲気もよく、夕食を楽しめます。

チップにお金を払うなんてと思うかもしれませんが、本当に現地での夕食を楽しみたいなら、ぜひおすすめします。店員の態度がガラリと変わりますので(ある意味とても分かりやすいです)。

せっかく外国でゆったりと夕食を楽しむ体験です。チップを渡すことで、快適なサービスを受けられるのなら、安い経費です。なお、この先払いの法則は、レストランに限らずいろんな機会に応用が可能です。

実際何事も体験なので、一度海外旅行の際は、

・チップを思いっきりケチる
・チップを先払いで弾む

という2つの方法を試してみて下さい。違いに驚くと思います。

注目
海外旅行で困らない英語力を身につけるために試したい英会話教材

関連記事
旅行で通じる英会話力を身につけるには、どうすればよいですか?
海外旅行と英会話教材

<<海外旅行と英語のコンテンツ一覧へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする