英語の正しいアクセントを身につけるコツは英語をそのまま耳コピすること


英語をリスニングする若い女の子

真似することが上達のコツ。
英語はどんどんまねして覚えること。

なぜ耳が2つで口が1つなのか?
耳コピという言葉があります。

楽器を演奏する方が使う言葉ですが、これはCDで音楽を聞き、フレーズを採譜していく方法です。

私は学生時代にギターコードの耳コピをしていたのですが、何度も集中して音を聞いていると、耳がだんだんと音を聞き取れるようになってきます。

そして、「この音はラのフラットだな」というように音を区別できるようになります。

実は、英語のアクセントを伸ばすのもこの方法と同じです。

最初に単語をしっかり聞き、そして自分で言ってみる、シンプルなプロセスです。

英語をCDで何度も聞く→アクセントを真似る

この単純なプロセスを繰り返すことで、英語の発音がよくなっていきます。

英単語にカタカナ読みがついているのがアレな理由もここにあります。

英語はまず聞く、そして口にだしてみる
英語は日本語と全く違う言語です。

発音、イントネーション、強弱のポイント、180度違うと言っても過言ではありません。

そのため、英語の音を日本語の音に当てはめること自体、かなり無理があります。

日本語の音に当てはめさせるより、自分の耳を英語に慣れさせ、まねて覚える方が効率的です。

子供が言葉を覚えるのが早いのは「聞いて覚える、まねをする」という学習がスムーズにできるからです。

頭で考えず、聞いた言葉をまねて話すから速く言葉が身につくのです。

私の場合、英語の他、ドイツ語もちょくちょく勉強しているのですが、音を聞くことの大切さがよく分かります。

いくら、単語の発音記号を見ていても、言葉は上手く話せるようにはなりません。

それより、CDを何度も聞いてまねる方が、シンプルながら効果が期待できます。

「何度もCDを聞いていると耳の語学レベルがアップしていく」というのが私の実感です。

通じる英語を話せるようになるために
ネイティブとの英会話では、発音の仕方1つで通じやすさが変わります。

できる限り、ナチュラルな発音ができるよう、英語本来のアクセントを身につけたいものです。

理想的なのは、英単語を見ただけで、その発音が頭に浮かぶくらい繰り返すことです。

何度も何度もリピートして練習。ここまでやれば、音読学習もスムーズになり、効果が期待できます。

そのためには、1つの英会話教材(要CD)を繰り返し学習、CDに収録されている英語の発音をまねしてしまうことです。

練習はシンプルですが、奥深い練習方法です。繰り返すことで、内容も身につきます。

普段の学習で、英語を聞くこと&発音を真似することを意識することで、ネイティブにも通じるアクセント力が身についていくでしょう。

このページのまとめ
・発音やアクセントは英語を聞いて覚える。
・繰り返しリスニングする。
・英語のCDを聞いて、発音やアクセントをまねする。
シャドウイングがサクサクできるくらいが理想的。

学習の手順(例)
①CDで英語を聞く。
②今度はテキストを見ながらCDを聞く。
③またCDを聞く。
④発音を覚えたら自分で音読する。
⑤CDにあわせてシャドウイングする。

若葉マーク「簡単な英語から英会話を覚えたい!」と思ったらチェックしたい初級者のための優しい教材

関連情報
ネイティブのような発音を身につけるための英会話教材
モデリングで発音をナチュラルに
スピーキングのためのテキスト音読法

<<スピーキング学習法のコンテンツ一覧へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする