ホーム > 英文法・ライティング学習法 > 英会話に役立てるために@

生きた英語を話せるようになるために文法を「使える知識」にする


「仮定法は○○で・・・」
「現在完了形は、haveを使ったうんたらかんたら・・・」

英語を話せるようになりたいと思って、勉強を始め、様々な本で頑張った。文法も勉強した。でも、分けが分からない専門用語の連続。

「英文法は英語の上達の妨げになるから勉強するな!」と言う人もいます。

実際に、英文法は必要なのか、英会話の上達に役に立つのか、英語を勉強していて、このような疑問を感じたことはないでしょうか。

英語の文法の本を読むと理屈が多く、しかも

・仮定法
・過去完了
・第○文型
・時制
・準動詞

など、「難しい!」と感じる要素が満載です。

私達日本人の英語教育は、学校での文法学習が中心なので、成績アップのために、英文法を中心に英語に取り組んだ方が大半だと思います。

授業の予習のために英語の教科書を開き、文法、英単語を調べ、長文を読んで日本語に訳す・・・。あなたにも経験がないでしょうか?

中学・高校・受験と、このような学習が基本なので、日本人と英語の文法は、ある意味とても深い関係です。実際の学習時間は、かなり長いのではないでしょうか。

にも関わらず、「英語が話せるようにならない!」という批判が渦巻き、「英文法は役に立つのか?」と疑問に感じているのが現実ではないでしょうか。

スポンサードリンク


英語の文法はムダなのか?
確かに、「英文法だけ勉強していたら、いつの間にか英語がペラペラになっていた」という人は、ほとんどいないでしょう。

(もしいたとしても、その人は優れた能力を持っている特殊な例なので、私達一般人が参考にするには、ムリがあります。)

英語の文法をコツコツ暗記していても、「これで英会話ができるようになるのか?」と感じるのはもっともです。

実際、海外旅行や留学などで英語を話す機会が訪れたときに、自分のあまりの話せなさに愕然とした経験をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

「中学、高校(中には大学も)と何年も英語の授業を受けてきたのに、全然話せない。これはどういうことだ!」

と思うのも当然のことです。

なぜなら、学校では、その英語の文法が、実際のコミュニケーションでどのように役に立つのかを学ぶ機会がほとんどないからです。

学校でやることと言えば、テストや受験のための知識獲得が中心だからです。

これはこれで意味があることですが、日常的なコミュニケーションができる英会話力を身につけるためには、十分ではありません。

なぜなら、英語の文法は、実際のコミュニケーションでどのような役割を果たすのかが理解できないと、使える知識にはならないからです。

パソコンでインターネットや文章作成ができることを「知って」いても、実際に使ってみないことには使えるようにならないことと同じです。

生きた使い方を学ぶこと
英語の文法も、コミュニケーションで使うことで、初めてその意味が分かります。

大切なのは、英文法が実際のコミュニケーションでどのような働きをするのか、実用的な場面を意識することです。

manyやmuch、加算と不可算などの文法の細かい知識も、実用面で使ってこそ意味が分かります。

受験勉強やTOEIC、英検など英語のテストで点数を取るためには、コミュニケーションを意識した勉強をする必要はありません。

ひたすら、重要文法を覚え、問題集を解いていけば、「点になる文法」が分かってくるでしょう。

ただ、「文法は最低限、英語を話せるようになりたい!」という方には、その方法は時間がかかりすぎます。

それより、英会話に必要な、基本的な項目をマスターして、リスニングやスピーキングのステップに移った方が効率がよいでしょう。

次回に続く>>

関連情報
文法は最低限
1日5行の英語日記
例文や構文の暗記は英会話の役に立ちますか?

<<ライティング学習法のコンテンツ一覧へ

スポンサードリンク