You must be joking. – 英会話 1日1フレーズ【No.187】

アバウト・ア・ボーイ(字幕版)

【シチュエーション】

ヒュー・グラント主演映画『アバウト・ア・ボーイ』(About a Boy)より。

映画の冒頭、独身貴族のウィルが妹一家の家に招かれ、「子どもの名付け親になって欲しい」と頼まれるシーンより。

妹の夫:Barney, Barney, Barney. Say hello to Will, Barney.

バーニー、ウィルに挨拶を。

ウィル:Hello, Barney. How are you?

やぁバーニー。元気かい?

妹の夫:He’s lovely.

可愛いだろ。

ウィル:Yeah.

あぁ。

妹の夫:And what about you, Will? Any desire for a family of your own yet?

それでウィル、君もそろそろ身を固めたらどうだ?

ウィル:I’d rather eat Barney’s nappies. Not really. I’m sort of all right as I am.

今の暮らしは気に入ってる。

妹:Please, Will.

そんな!

What does that mean? “Please” what?

そんな・・・何?

妹:Look at yourself.You’re 38 and you’ve never had a job…or a relationship that lasted longer than two months.

自分をよく見たら?もう38歳で無職。 恋愛は長続きして2ヶ月。

妹:I wouldn’t exactly say you were okay.I mean, I would say you were a disaster. I mean, what is the point of your life?

そんな人生は普通じゃないわ。そんな人生、最低よ。一体何のために生きているの?

ウィル:You’re right. There’s probably no point to my life…but thank you for bringing it up.

そうだね。目的なんか何もないね。でも気にしてくれてありがとう。

妹の夫:The reason we wanted you to come here today was we wanted to ask you…how would you like to be Imogene’s godfather?

今日君を読んだのは他でもない、君に頼みたいことがあるんだ。 イモジェンの名付け親になってくれないか?

ウィル:Seriously? Listen, I’m really, really touched. But you must be joking.

まじで?それは本当に光栄だ。 だけど冗談だろ?

このフレーズに注目!

You must be joking.

冗談でしょう。

「え、それは本気?冗談なんでしょ」と思ったときに使いたいフレーズ。You’re kidding me!とあわせて覚えておくと便利です。

このページの英語表現

relationship = 関係

touched = 感動した

このフレーズもどうぞ

(Do)We all agree?

みんな賛成?

<<No.186へ英会話 1日1フレーズ【No.151~200】へNo.188へ>>

初心者の方も安心。ゼロから始める優しい英会話教材まとめ