Interrupt me if you need me. – 英会話 1日1フレーズ【No.191】

慌てるOL

「必要なら声をかけて」

職場で先輩社員のTakezouと後輩のNanakoが会話しています。Nanakoはプリンターで上司から頼まれた印刷物をプリンタ中。とても忙しそうです。

Takezou:You seem busy.

忙しそうだね。

Nanako:Yes.I have so many things to do.

そうなんです。ほんとうにやるべきことがたくさんあって。

Takezou:It looks very tough. Interrupt me if you need me.

そりゃ大変だ。私が必要なら声をかけてくれ。

Nanako:Thank you. I’ll do that.

ありがとうございます。そうさせてもらいます。

Takezou:Don’t be shy.

遠慮しちゃだめだぞ。

このフレーズに注目!

Interrupt me if you need me.

私が必要なら声をかけてね。

「邪魔して下さい私が必要なら」→「遠慮せずに声をかけてくださいね」という、思いやりを感じさせる言葉。

英語で話す場合、とかく直球ストレートな表現をしてもいいような気がしますが、些細な表現の違いによって、受け取る側の印象が変わってきます。

そこまで気が周るようになると、英語力も大幅にアップしていることでしょう。

このページの英語表現

seem = ~のように思われる

ついでに覚えたい関連フレーズ3選

Interrupt me if you need me.と合わせて覚えると英語力の幅が広がるおすすめフレーズがこちらです。「声をかけてね」と英語で言いたいときは、このようなフレーズがあります。

Please feel free to talk to me.=気軽に声をかけてください。

Please let me know.=教えてね。→声をかけてね。

Please give me a shout.=声をかけてね。

若葉マーク これなら続く!ゼロから覚える日常英会話教材まとめ

あわせて読みたい

英会話で自分の考えを伝えるおすすめ英語例文集

I see your point.

英語が苦手な社会人が英会話を効果的に身につけるコツ

<<No.190へ英会話 1日1フレーズ【No.151~200】へNo.192へ>>