What’s there to think about? – 英会話 1日1フレーズ【No.281】

迷いに迷う男

「何を迷っているの?」

KenとMasaが会話をしています。Kenには欲しいものがあるようですが、どうにも決断できずにいるようです。

Ken:Hmm… To buy or not to buy, that is the question.

うーん。買うべきか買わざるべきか、それこそが問題だ。

Masa:What’s the matter?

どうした?

Ken:I’m unable to make a decision.

決断できなくて。

Masa:You want it, and you have money to buy it. What’s there to think about?

君はそれが欲しいんだろ。そして君はそれを買うお金がある。迷う必要はないだろう?

Ken:That makes sense.

そりゃそうだ。

このフレーズに注目!

What’s there to think about?

考える必要はある?→何を迷っているの?

ネイティブライクな英語です。直訳しようとすると意味がわかりにくいかもしれませんが、What’s there to ~?=そこに~する必要はある?→する必要はない、という意味を抑えておけばOKです。

このページの英語表現

be unable to =~することができない

That makes sense.=筋が通ってる。

ついでに覚えたい関連フレーズ3選

What’s there to think about?と一緒に覚えておくと英語の表現力の幅が広がるおすすめフレーズがこちらです。

迷っている人の背中をそっと押したいときは、こんな英語があります。

Time is money.=時は金。

Your time is limited.=時間には限りがあります。

Buy now or never.=今こそ好機!

若葉マーク 初めての方も安心!優しくて分かりやすい英会話教材まとめ

あわせて読みたい

英会話学習で挫折しない「7割」主義のススメ

必要は発明の母?英語を頑張る人が増えている理由

英語の勉強は自己投資。続けることで人生が開ける話

<<No.280へ英会話 1日1フレーズ【No.251~300】へ│No.282へ>>