I’m not convinced. – 英会話 1日1フレーズ【No.232】

シェアする

会話するビジネスパーソン

「私は納得できません」

会社員のNakamotoとMotomuraが会話しています。

会社では新規事業を立ち上げ、より収益性の強い組織を目指す方針が打ち出されましたが、2人は新規プロジェクトについて、こんな考えを抱いているようです。

Nakamoto:What do you think about the new project?

新プロジェクトの件、どう思う?

Motomura:I think it won’t work out. But, Mr.Yonezawa wants me to join the project.

うまくいかないと思う。でもYonezawaさんは俺がプロジェクトに参加することを希望してる。

Nakamoto:I see. Will you join the project?

そうか。参加するのか?

Motomura:I’m not convinced. This project doesn’t use our company’s strengths.

俺は納得していない。このプロジェクトでは弊社の強みを生かせない。

Nakamoto:That’s what I think.

俺も同じことを思っていた。

このフレーズに注目!

I’m not convinced.

私は納得できません。/ 腑に落ちません。

Yesとハッキリ言えない状況であるならばその気持ちは十分に伝えたいもの。話は聞いたけどどうも納得できない。しっくりこない。そんなときに使えるフレーズがこちらです。

convinceは「確信させる、納得させる」という意味で、受動態になっているところに注目です。

ちなみに、「私は確信しています」「私は納得しています」という場合はI’m convinced.でOKです。

このページの英語表現

use one’s strengths=強みを生かす

ついでに覚えたい関連フレーズ4選

I’m not convinced.とあわせて覚えると英語力がアップする関連フレーズです。

日本では態度を明瞭にせず、「はい」「いいえ」を玉虫色に包むのが吉ですが、英語では納得できること納得できないことは、明瞭に答えを出すのが吉です。

I don’t get it.=納得できません。

I need more explanation.=もっと説明をお願いします。

I partly agree.=部分的には賛同します。

I strongly disagree.=私は強く反対します。

若葉マーク 優しく英会話を覚えるならこちらの教材に注目!

あわせて読みたい

英会話で自分の考えを伝えるおすすめ英語例文集

ビジネス英語を着実に習得する5つのステップ

英語で結果を出すために最低限必要なこと

<<No.231へ英会話 1日1フレーズ【No.201~250】へNo.233へ>>