Are you with me? – 英会話 1日1フレーズ【No.66】

生徒に説明する教師

「分かる?」(話についてきてる?)

JackがTomokoに日本の歴史を教えています。テーマは日本の鎌倉時代。覚えたての知識を伝えたくて仕方がないJackの言葉には熱が入っています。

Jack:In 1192, Minamoto Yoritomo was appointed shogun and established the Kamakura government.

1192年、源頼朝は将軍に指名され、鎌倉幕府を創設したんだ。

Tomoko:I see.

うん。

Jack:After Yoritomo’s death, his wife’s family gained control over Japan. Tom, Are you with me so far?

頼朝の死後、彼の奥さんの実家が日本で権力を握ったんだ。トム、ここまでは理解できるか?

Tomoko:Yeah. I guess so.

うん。多分。

Jack:Good. Let’s move on to the next page.

よし。次のページに進むぞ。

このフレーズに注目!

Are you with me?

①分かりますか?

②話についてきていますか?

③聞いてますか?

「あなたは私と一緒にいますか」⇒「理解していますか?/聞いていますか?」。

英会話をしていて、「(相手は)自分の話を理解しているかなぁ?」と思ったときに使います。

多用するとアレですが、適度に使って、「話をきちんと分かってます?」は確認して損はありません。Does this make sense so far?などの表現と合わせて覚えておくと便利です。

Do you understand?やAm I clear?は上から目線で失礼なニュアンスを与える可能性があります。
このページの英語表現

establish = 創設する

Kamakura government = 鎌倉幕府(government は政府という意味)

so far = ここまで

I guess so. = 多分

若葉マーク 日常英会話を優しく覚えたい方にオススメの教材

あわせて読みたい

英会話で自分の考えを伝えるおすすめ英語例文集

I’ll keep it in mind.

I got it.

<<No.65へ英会話 1日1フレーズ【No.51~100】へNo.67へ>>

シェアする

フォローする