You owe me one. – 英会話 1日1フレーズ【No.34】

マジで頼むよ

「貸しだからな」

Taroが何かをしています。そこに友人のOreが現れました。

Taro:Hey, can you help me ?

なぁ、助けてくれよ。

Ore:What’s wrong ?

どうした?

Taro:I am doing my homework now.

今宿題をやってるんだ。

Ore:And ?

それで?

Taro:I can’t solve this question. Please help me.

この問題が解けないんだ。頼む、助けてくれよ。

Ore:You have to do it yourself.

自分でやれよ。

Taro:Please!

頼むよ!

Ore:Fine. This is it. It’s a piece of cake.

分かったよ。ほら、こうさ。楽勝だろ。

Taro:Thanks!

ありがとう!

Ore:You owe me one, Taro.

タロー、1つ貸しだからな。

このフレーズに注目!

You owe me one.

貸しが出来たね。

直訳は「あなたは私に1つ借りができた」。友だちに何かしてあげた時、親切をしたときなどに使う英語表現です。人の世は持ちつつ持たれつ。

忘恩の輩にならないよう、適切な一言をいつでもどこでも、言えるようにしておきたいものです。

このページの英語表現

owe = 借りがある

It’s a piece of cake = 「一切れのケーキをパクりと食べれるくらい」楽勝だの意

ついでに覚えたい関連フレーズ3選

You owe me one.と一緒に覚えておくと英語力の幅が広がるおすすめフレーズです。誰かに貸しを作ったときはこの英語で借りを返すことを伝えることができます。

I owe you one. =お前のおかげで助かったよ。(「借りができたな」の意)

I’ll return the favor.=恩返しするよ。

How can I repay you?=どうやってお返しすればいい?

若葉マーク 日常英会話が優しく身につくおすすめ英会話教材9選

あわせて読みたい

英会話で自分の考えを伝えるおすすめ英語例文集

英語の例文を覚える前に知っておきたい記憶のメカニズムと暗記法

なぜ英語を話せるようになるためには「考え方」が重要なのか?

<<No.33へ英会話 1日1フレーズ【No.1~50】へNo.35へ>>