【ビジネスパーソン向け】英語で結果を出すために最低限必要なこと

仕事ができるビジネスマン

「仕事のために急遽英語を勉強しなければいけなくなった。そこで英会話教室に通い始めたものの、何をどうすればいいのか、分からない。そもそも何を勉強すれば英語で結果を出せるのか?」

という方のためのページです。

英語を具体的にどう勉強すればいいのか?ということを知ることは当然大切です。ただし、その前にもっと大切なのが、英語を勉強して結果を出すためのマインドセットを身につけることです。

マインドセットとはいわば、努力が結果につながる考え方です。ここを間違えてしまうと、今後、勉強しても思うような結果が出ずに、時間を浪費してしまう可能性があります。

そこで、仕事のための英語を学ぶビジネスパーソンが結果を出すためには、一体何をどうすればいいのか?どのように考え、英語に取り組めばいいのか?

その大切な考え方についてお伝えしています。「ピン!」と来た方は、5分程度で読むことができます。ぜひ参考にしてみてください。

はじめに

取引先とのコミュニケーションのため。社内の出世条件のため。TOEIC受験の強制義務化のため。きっかけは様々ですが、もはや英語を学ぶことはビジネスパーソンとして必須。

だからこそ重要なのが、英語を学んだ結果、具体的にどんなメリットが実感できるのか?まず、得たい結果をあなた自身が、明確に認識することがその第一歩です。

例えば、あなたは今、仕事が忙しいなか、社内の事情によって英語を勉強する必要性に迫られ、英会話教室を検討しているとします。

ここで大切なのは、「大人の事情によって英語を勉強しなければいけない」という外圧の結果、「あなたはどうなりたいのか?」という、英語を勉強した先にあるものに、意識を向けることです。

あなたが毎日仕事の合間に英語を勉強し、そして英語が話せるようになったり、TOEICで目標スコアを入手することができました。

その結果、あなたはどんなメリットを得ることができるでしょうか?

英語の勉強を始めるにあたっては、何をどう勉強するのか。技術的な話の前に、そもそも英語を勉強した結果、あなたはどんな人になるのか?あなたの人生にどんな影響があるのか?

そこを最初に意識することが大切です。

手に入れる「結果」を決める

結果を意識すれば、次に大切なのが具体的な目標。すなわち、英語を勉強してどんな結果を得るのか。目標を具体的に明らかにします。

それは、

・仕事で英語をペラペラ話せる。最低限、日常業務の内容に関しては、何の苦労もなく英語でコミュニケーションができるレベルに到達する。

・1にも2にもTOEIC。6ヶ月以内に600点を取得する。

など、目標が具体的に明確化できればできるほど、「何を」「どうやって」勉強すればいいのか。その道筋も見えやすくなります。

英語を話せるようになりたい→英会話スクールに通う、という行動を起こすことは当然大切です。しかし、行動はあくまで目標を達成するための手段です。

目標がハッキリしていなければ当然、効果的な行動を起こすことができません。だからこそまず英語をどう勉強するのか。

技術論の前に、目的。目標。これらをハッキリさせ、あなた自身が「確かにこれを実現すれば私の人生は素晴らしい!」と納得できることです。

目標を意識するメリット

人生、なんでもかんでも目標を立てることは必ずしもプラスになるとは限りません。が、英語を勉強するという点に関しては、目標はないよりあったほうが、効率的に勉強することができます。

目標がハッキリしているからこそ、「ではどうやって?」という方法論を見つけることができます。

この点、あなたがTOEICではなく、日常業務を効率的にこなすための英会話力が必要なら、

・英語が聞き取れなければ会話にならないので、教材を購入してCDを何度も聴き、英語耳を育成する。勉強時間は通勤時間。電車の中で英語をひたすら聴く。

・仕事で使って話せなかった英語やフレーズをノートにメモする。

そして、

・日常業務に使う機会が多い英単語を全て覚える。(本屋さんに行って単語帳をチェック。あなたの業界で頻繁に登場する単語が多いものを買います)

・よく使う意思疎通のための言い回しを覚える。(普段の業務で言えなかった表現等をチェックして覚えておきます)

など具体的に考えることで、日常業務で英語を話すための行動を起こすことができます。このように、目標意識を持てば、何をどうすればいいのか。to doが見えてきます。

受け身は効果半減!

一方でまずいのは、英語を勉強してどんな結果を得たいのか。そこが具体的でないまま、いきなり英会話スクールなどに通って、講師が提示するカリキュラムの言いなりになってしまうことです。

もちろん、生徒のニーズに応じたカリキュラムを設定してくれるところはありますが、大切なのは、生徒側が英会話スクールのサービスを目標達成のために利用するという、マインドセットです。

もっとハッキリ言うと、「お客様意識」ではダメで、「自分は英語を勉強してこういう結果を得たいからこの英会話スクールに通う!」という、主体的な意識を持つことが大切です。

オーダーメイド式の英会話レッスンを受けるにしても、あなた自身が「私はこうなりたいです」という明確な結果があやふやなまま英語を勉強すれば、カリキュラムを設定する側と、「認識のズレ」が生じてきます。

逆に、「私は英語を勉強してこういう結果が得たいです」という目標がハッキリしていればいるほど、そこへ向かうためのカリキュラム。方法論が見つけやすくなります。

この点、「英語が話せるようになりたい」など、漠然とした目標ではなく、どんな英語力を身につけて、どんな自分になりたいのか。

得たい結果を明確にしておくことは、とても大切なことです。

そこで今すぐノートを用意し、

1・何のために英語を勉強するのか?

2・具体的にどんな結果を得たいのか?

3・英語を勉強して結果を出したあなたがどんなメリットを実感しているか?(=現実がどのように変わるか?)

最低限、この3点をノートに書いておくことをおすすめします。

そしてできれば更に、目標を達成するために今から始められることをノートに書き、それを今すぐ始めてみましょう。これはとても大切なことです。

プロのアドバイスは効果的?

あなたが「私は英語を勉強してこんな結果を手に入れます」という目標を決めたあとは、それを達成するためにふさわしい方法を見つけていくだけです。

この点は完全ケース・バイ・ケースになるので、その必要がなければ「英会話教材を買う必要がある」とか、「英会話スクールに通わなければいけない」とか、今すぐたくさんのお金を投資する必要はありません。

場合によっては、本屋さんへGo。お金を抑えて英語を学ぶことはできますし、独学で勉強する方がいい場合もあります。

そこはあなたの目標次第。次はその目標を達成するための情報を集めることができます。

もしあなたが「自分として目標は決まったけど、どうやって勉強すれば結果が出るのか?自信がない・・・」という場合、プロの相談を受けることもできます。

例えば、英語学習コンサルティングサービスを受講することで、費用を抑えた上で、どうすれば英語で結果を出すことができるのか?

あなたの目標に応じ、完全カスマイズされた方法で、英語に取り組むことができます。

この点、目標は決まったけど具体的な勉強のプランについては専門家のアドバイスが欲しい人にぴったりのサービスを利用することができます。

英語学習コンサルティング!「ENGLISH COMPANY THE CONSULTANT」とは?

まとめ

以上、長くなってしまいましたが、大切なのはまず得たい結果を得ることです。

あなたは大人の事情によって英語を勉強する必要性に迫られています。だからこそ大切なのは、あなたが英語を勉強した結果、あなた自身がどんな結果を得られるのか?何が変わるのか?

そこに意識を向けて、具体的に目標を立てることが先決です。これが英語で結果を出すために大切なマインドセットです。

すなわち、まず目標ありき。

まずは何をやるのかを知るのではなく、何のために英語を勉強するのか。その点、あなた自身が目標を明らかにすることによって、英語の勉強にコミットすることができます。

ちなみに当メディア『英会話ビギナーズWEB』では「英語をなんとかしたい!」という方向け、個別相談も受けています。お悩みがあれば、問い合わせからご連絡ください。

以上、参考になれば幸いです。

お問い合わせはこちら

あわせて読みたい

英語が苦手な社会人が英会話を効果的に身につけるコツ

会社でTOEIC受験が義務化!最短効率で500~600点を取得するには?

短期間で実践的なビジネス英語を身につける方法