英会話を始めて挫折しないために覚えておきたい言葉

今日も私は勉強します

何かに挑戦し、努力をする。

自分の頑張りが、目に見えて分かるのは、とても気持ちがいいものです。

例えばテスト。よい点数を取るために、毎日勉強をします。1日何時間も、机に向かい、好きなことを我慢して努力します。

そして、テストで期待通りのいい点が取れたら、最高の気分になるでしょう。

大切なのは「結果」よりも「過程」

ところが、結果は必ずしも自分の思い通りになるとは限りません。自分が期待するタイミングで、期待する結果が出るとは限りません。

頑張ったからといって、その頑張りがすぐに結果につながらないとき、期待はずれに終わる時があります。

しかし、長い目で見れば、あなたがしてきたこと、トライしてきたことは、目に見えないところであなたの血肉となっています。

あるところまでは、自分のしていることが、まるで意味のないことのように思え、挑戦することがめんどくさくなってしまうことがあるかもしれません。

でも、そこで辞めずに続けていくうちに、「あれ?」と思える瞬間が来ます。それは、以前難しかったことを、できなかったことを簡単にこなしている自分と出会う瞬間です。

関連記事

英語上達のブレイクスルーは突然やってくる!

ムダな努力はない!

ムダなように思える努力も、実際は、何一つムダなことはありません。

量質転換の法則の通り、努力を続けていれば、ある時点でブレイクポイントに到達するのです。

大切なことは、目先のことに惑わされず、淡々とやるべきことをやることです。自分がやると決めたことをやっていきます。

「毎日、通勤電車の中で英会話教材を聞く」

「朝、英語のテキストを2ページ分、3回音読する」

「1日3個、英単語を暗記する」

など、あなたが決めた勉強計画に従って、淡々とノルマをこなしていきます。

ただ、それだけでいいのです。

結果は後からついてくる!

もしかしたら、英語を勉強したところで、1ヶ月やそこらでは、目に見える効果は感じられないかもしれません。ペラペラ英会話が身につくこともないかもしれません。

でも、これが1年2年、5年10年となると、話は別。勉強しているのとしていないとでは、天と地ほどの差が現れるでしょう。

英会話を習得するには、それなりの数稽古と勉強量が必要です。だからこそ、結果を気にせず、淡々とやることをやっていくことが大切です。

どんなに小さなことでも、続けていれば、やがて大きなものに変わります。

昔の人はこう言いました。

An inch an hour, a foot day.

1時間1インチが、1日で1フィートになる→塵も積もれば山となる

目先のことは気にせず、黙々と、英語を続けましょう。

やるべきことさえ続けていれば大丈夫。いくらかの時間が経ったあと、結果は後からついてくることに気がつくでしょう。

最後に

意気揚々と英会話の勉強をスタート。そこで直面するのが、勉強しているのになかなか上達を実感できない「壁」です。

これは誰もが直面することなので、最初からこのことを知っていれば、必要以上に落ち込む必要はありません。

そして何より大切なのが、「結果は後からついてくる」という現実です。

このことを忘れずに覚えていれば、英会話の勉強を始めたあと、そう簡単に挫折してしまうこともなくなります。

大切なのは結果の前に過程。今日できることを覚えましょう。そして明日もまた、できることを続けていきましょう。

それでいいのですから。

次のページはこちら

初心者のための英会話上達7箇条:最後に

あわせて読みたい

英会話をあきらめそうになったときに試したい5つのこと

英語をもっと効率的に習得する「科学的」理論

30以上の英会話教材を購入した私がおすすめする英会話教材

<<英会話の学習を成功させるための7箇条 一覧へ