「英語は読めるが口から話せない」というあなたへ

TOEIC900点なのに英語が話せない男

英会話に取り組む方で、このような方がいらっしゃいます。

「英語は読めるし、リスニングもそこそこできる。TOEICも820点あるし、受験英語もどちらかというと得意だった。でも、話すのがダメ。英語が口から出てこない・・・」

そこそこ英語力はあるはず。

しかし、英会話となると、その力が発揮できない。多くの日本人英語学習者が悩む典型症状です。

「英語の力はあるが実際の会話では思うように話せない」というのは別におかしなことではなく、よくある話です。

私の大学時代の友人にも、TOEICやTOEFLでハイスコアを所持しているのにも関わらず英語が話せない男がいました。

彼の会話力は、彼の本来の英語力に比べると、その能力をほとんど発揮できていないように思いました。

TOEIC900点でも英語が話せない理由

なぜ、英語の読み書き、聞き取りができるのに、話すことができないのか。

その原因の1つは、英語を話す体験の不足です。

英語を聴きとること、読むこと、書くことは、一人でも取り組むことができます。つまり、自分一人の努力で、何とかなる問題です。

しかし、話すとなると、会話をする相手が必要です。これは、自分一人ではどうしようもありません。

そのため、英語を勉強していて、読み書き聞き取りはできますが、話すのはダメという英語力の偏りの原因になってしまいます。

もしも、私達の身近な環境で、英語を話す機会が日常的にあれば、「英語は読める、書ける、聞き取れる。でも話せない・・・。」という問題は、比較的容易に解決されるでしょう。

私も、職場でネイティブの人と仲良くなって毎日話すようになったことがきっかけで、「英語が話せない・・・」という不安を解決。

気後れすることなく、ネイティブと英語で会話ができるようになりました。

必要なのは実践量と経験

ありきたりの言葉ですが、「量」というのは重要で、英語をどれくらい話したか、どのくらい話せる環境にいるかは、とても大切なポイントだと思います。

この意味で、「英語は読める、書ける、聞き取れる。でも話せない・・・。」とお悩みの方は、それほど深刻な状況ではありません。

「英語が話せるようになった!」という状況に変わるのは、比較的容易なはずです。

というのは、英語の読み書き、聞き取りができるということは、かなりのインプット量があるはずで、それをアウトプットする機会が欠けているだけだからです。

日常的に英語を話す機会を作り、経験と量をこなしていけば、努力が結果につながっていくことでしょう。

ある程度独学歴が長くて、高校卒業レベルの英語力を持っている場合、基礎力があるので、日常英会話の習得は容易なはず。

必要なのは、英語を話す環境だけかもしれません。

今なら、気軽に英語を話せるオンライン英会話や、短期で徹底的にトレーニングが受けられる英語ジムなどのサービスがあります。

ある程度の英語力がある場合は、ネイティブとのマンツーマンの方が、上達が期待できるかもしれません。

(オンライン英会話は初級者の方には向きませんので注意が必要です。)

英語を話せるようになるためには、話す練習が必要です。負担のない範囲で、英語を話す環境を作ってみてはいかがでしょうか。

若葉マーク 英語を頑張る人に支持されている英会話教材

あわせて読みたい

格安料金で英語を話したい方におすすめ。オンライン英会話とは