【実践が】いくら「ノウハウ」を集めて英語は身につかない話【大切】

ピンとくるビジネスパーソン

英会話学習には、「こうすれば効果的に英語力が伸びる!」というノウハウがあります。

効果的なノウハウを知ることは大切です。しかしそれよりもっと大切なことがあります。それは、「ノウハウを実践する」ことです。

いくらノウハウを知ったところで、それを実行に移さなければ効果を実感することはありません。ノウハウを探し続け、たくさんのノウハウを知っているにも関わらずその効果を実感することがない人を「ノウハウコレクター」と言います。

100のノウハウを知ろうとするよりもまず1つのノウハウを実行してみること。この「実践」の姿勢が大切です。

英語習得の情報は溢れている!

英語を話せるようになるために、「知る必要があること」があります。それは、「何を」「どのように」勉強すれば英語を話せるようになるのか、というノウハウです。

英語を学習する方法はすでにネットに溢れています。あなたが本気で英語力を身につけたい場合、英語パーソナルトレーニングや英語コーチングの無料体験に参加することであなたが英語力を伸ばすために必要な「情報」を入手することができます。

英語力を伸ばすための情報はそこかしこに溢れていますが問題はそこからです。あなたにとって必要な情報を得たあと、実際にそれをやってみるかそこで実践せずに終わるか。その違いは、あまりに大きすぎます。

ノウハウを知るだけでは現実を変えない

ノウハウを知ることは、「自分もできるかもしれない!」「変われるかもしれない!」という期待感を高めてくれます。

しかし本当にあなたの英語力を変える最も効果的なアクションは、あなたの日々の英語学習にあります。英単語を覚える。英文法を覚える。英語を音読する。そういった、日々のアクションです。

ノウハウを知りそれを日々実践する。そこにノウハウの存在意義があり、ノウハウを知ることそれ自体、ほとんど意味はないのです。

だからこそ大切なのは今できることをまずやってみること。それを続けること。そんな小さな積み重ねが、あなたにとって重要な「分岐点」となるのです。

大切なのは100の情報より1の実践

あなたがいくらビジネス書を読み漁り、「できるビジネスパーソンの仕事術」を覚えたところで、それを日々の業務で使わなければそのノウハウは存在しないのと同じです。

いくらあなたが効果的な英文法の覚え方を知ったところで、あなたがそれを使って日々英文法を学ばなければ、あなたの英語力は1ミリも変わりません。

「知ること」は大切です。でもそれ以上に大切なのは「やってみる」ことです。ノウハウを集めることに熱心になってそこで終わってしまう。それはほんとうに、もったいないことです。

でもこういうケースは案外多いもの。「知る」だけで満足してしまい、「実践」されないのです。

まとめると

英語学習は実践。「やってみる」というシンプルな行動を続けていくことで、ビフォア&アフターを実感することができます。

「英語を話せるようになるために○○をすればいい」

この情報を知っているだけでは意味がありません。○○をすることによって、自分に変化を起こすことができます。

「英語の勉強法」の情報をいくら集めても、それだけでは意味がありません。大切なのは、「やってみる」ことです。

最後に

本当に便利な時代になりました。知識ゼロでもPCやスマホでネットにアクセスし、自分にとって必要な情報はいつだってかんたんに入手することができます。

英語習得に関しても、オンラインで英語パーソナルトレーニングや英語コーチングの無料体験に参加すれば、自分にとって必要な情報を得ることができます。

英語を話せるようになるために「知る必要があること」を知ることはとてもかんたんです。だからこそなおさら大切なのです。知った情報を実行してみる、というアクションが。

あなたは「ノウハウコレクター」になってはいませんか?

あわせて読みたい

あなたの英語力と上達の課題が分かる「英語力マップ」とは?