今の時代だからこそ確認したい「英語を学ぶ意味」

私いろいろ考えています

独学で英語を学び始める人が増えています。そこには社会ニーズや現実的な必要性、将来への希望など、いろんな理由があるかもしれません。

そこで何より大切なのは「あなたの場合」は何のために英語を勉強するのか?英会話を身につけるのか?その理由です。

この記事は、それを考えるヒントになるかもしれません。

はじめに

英語教育の大家、鳥飼玖美子先生の『本物の英語力』を読了。そこにこのような言葉がありました。

英語という外国語を学ぶことは、「未知と向き合い異質性と格闘すること」です。

~略~

文化は言語にも深く関わっていて、切り離すことができません。人間は誰もが母語を持っていて、母語が持つ世界観に支配されています。

すると、自分が意識せずに持っている価値観とは異なる価値観を持った言語を学習する際に、衝突や葛藤を起こすことがあります。

~略~

それゆえ、外国語を学ぶことは、おおげさに言えば、「未知の世界に遭遇すること」で、これまでの自分が知らなかった「異質性と格闘すること」を意味します。

鳥飼玖美子『本物の英語力』、P195~196より

英語を学ぶことは、言葉を通じて世界の多様性(ダイバーシティ)を学ぶこと。世界にはいろんな価値観、多様性が存在している、そのことを知ること。

そんな話だと思うのですが、これは本当にそうだなぁと。

今、英語を学ぶ意味

世の中の風潮として、英語を学ぶ、英語が話せる、そこには実用的なメリットが求められているところがあります。

たとえばこのようなところでしょうか。

学生

・英語を頑張りテストで良い点を取ることで、受験に有利になる。

・就職先の選択肢が広がる。

・留学して人生を再検討する選択肢を増やすことができる。

社会人

・英語を頑張ることで活躍の場が広がる(転職など)。

・会社によっては出世の条件になる。

このように、英語ができることでいろんな「実利的」なメリットがあるのも確かです。

なので、英語を頑張ると得をするのでとで英語を頑張るのも自然なことだと思います。

「自分のため」を実感する

その一方で、「みんなが英語を勉強しているから」「なんとなく英語をやらなくちゃ」といった、薄い動機で英語を始めても、途中で挫折してしまう可能性が高いと言えます。

というのは結局、やる気が続くのは、頑張る必要性を自分自身で実感していることが大切だからです。

特に、必要性などの現実的な必要性を実感しているとき、英語を勉強するにも、「身に入り方」は、ただ無目的に英語を学び直すのとは、全く違うでしょう。

この点、あなたが英語を独学で学び直すことを考えている場合、「何のために」という目的について、真剣に考える価値があるでしょう。

英語=視野を広げるきっかけ

私の場合、英語それ自体にご縁があったことはもちろんなのですが、個人的に大きく感じているのは、英語という言語を学ぶことによる視野の広がりです。

かんたんなところで言うと、英語のサイトや動画を見て「情報源」を増やすことができますし、仕事の面では海外からの英語の問い合わせにも対応することができます。

そういう実用的なメリットはもちろん良いことなのでしょうが、それより重要なのは、英語圏という世界について、意識が開いたことだと感じています。

英語という外国語を学ぶということは他の世界に関わっていくことでもあって、英語という言葉を通じて、自分が知らない人々、価値観を認識して受け入れていくという側面もあります。

英語を通じて、無意識のうちに英語圏の価値観を知ることになる。それによって、考え方、意識が変わっていく。そういう側面は確かにあると感じています。

英語を通じて世界の「広さ」を知る

世の中にはいろんな人々がいて、いろんな価値観、考え方があるということを知ることができる、ここに英語を学ぶ大きな理由があるのだと思います。

良くも悪くも、世界はグローバル化という潮流によって、国と国との距離が縮まっています。

これからは日本で働く外国の人も増えて、普段の生活の中で海外の人と関わる機会が増えるのかもしれません。

文化、背景の違う人達と上手くやっていくためには、自分と相手の違いを理解しておくことが前提です。

それによって、私たち日本人が考えるように世界の人々は考えていないことを知ることができます。相手を知るからこそ、自分たちの考え方を伝える方法を模索することができます。

「日本なら~」「きっとわかってもらえるはず」と甘えるのではなく、「相手はこのような価値観を持っているのだからこのように対応しよう」と相手の価値観を学んだ上でそれに応じた行動をする。

英語を学ぶということは、そのための訓練になるのではないでしょうか。

英語ができるといろいろメリットがあるのも確かかもしれませんが、

・考え方、価値観、視野を広げる

・自分とは異なる考え方の人に対応する姿勢を身につける

など、英語を学ぶ意味があることを知っておく価値があります。

まとめ

今更なぜ英語を学ぶことが大切なのか。この記事を書くにあたり、改めて自分なりに意味を実感する良い機会になりました。

英語ができれば世界が広がる。世界が広がればチャンスも広がる。当たり前のことなのかもしれませんが、広い視点で人生を考えることができる。

その第一歩として、英語を学ぶ意味があります。

あなたは今、何のために英語を勉強していますか?その理由は、とても大切なことかもしれませんよ。

若葉マーク この英会話教材で英語を初歩から優しくやり直し!

あわせて読みたい

英語を絶対モノにしたいあなたが英語ジムを使う7つのメリット

仕事が忙しい社会人が効果的に英会話を習得する5つの方法

英語が苦手な社会人が英会話を着実に身につけるコツ