英語を使う。だから英語が話せるようになる!

グループ

私の暮らしている街で、最近よく外国の人を見かけるようになりました。

時々ですが、街を歩いていると外国の人から声をかけられます。

たいていは道案内ですが、気後れせずカタコトの日本語でどんどん話しかけてきます(マレに英語で声をかけてくる外国の人もいますが・・・)。

このような感じです。

「(地図を指して)どう いく?」

「○○(地名)ハ ナンジカン デスカ?」

文法的にはおかしいですが、意味は十分通じます。彼らは文法は気にせず、ともかく気軽に日本語で声をかけてきます。

この姿勢は、私達日本人英語学習者にとっても、勉強になることだと思います。

なぜあの人は英語ペラペラになったのか?

英語圏留学経験者から聞いた話なのですが、現地へ行って、すぐに英語が使えるようになる人にはある特徴があるそうです。

それは、現地の人と積極的に関わること。

語学力に気後れせず、カタコトでもともかく現地の人と会話をしようとする人、会話の輪の中に入っていく人が、すぐに英語を習得するようです。

逆に、ヘンに遠慮して話さなかったり、文法や語学力を気にしている人は、いつまでたっても英語が上達しないそうです。

この話を聞いたときは、「なるほどなぁ」と納得してしまいました。

英語が比較的速く身につく人は、ミスを恐れないで、ともかくアウトプットしていくので、それだけ上達がスピーディーなのかもしれません。

使う。だから身につく!

やはり英会話は使ってなんぼ。机で文法を暗記していても、やはり英語は話せるようになりません。英語を話す機会は自分で意識して作る必要があるかもしれませんが。

外国からの観光者が多い街なら、気軽に外国の人に声をかけていくのもよいでしょう。困っている様子の人なら、喜ばれると思います。

私も外国へ行って迷子になったときがあって、そこで現地の人に声をかけられて助けられたことがあります。

なので、街で見かけた外国人旅行者(地図を広げてウロウロしている人)が困っている様子だったら、気軽に声をかけることにしています。

一度目は日本語で、それで通じなかったら英語で「May I help you?」と声をかけます。

たまに不審がられることもありますが、たいていはコミュニケーションにつながります。このような小さな喜びが、案外外国語を習得する近道になるかもしれません。

若葉マーク 英語を話せるようになりたい初心者の方におすすめできる英会話教材

あわせて読みたい

英会話学習 よくある悩み相談室