英語のネイティブというけれど、実際はどんな意味?ネイティブスピーカーとは

教師と生徒

英語学習において、よくネイティブという言葉が使われます。

「英語はネイティブの発音を真似る!」

「この教材でネイティブのように英会話ができるようになる!」

このような具合ですが、一体どんな意味なのでしょうか?

英語を母語とする人々

ネイティブスピーカーとは、英語を母語(mother tongue)とする人々を指します。具体的には、アメリカやオーストラリア、イギリスやカナダなどの人々です。

一般的に、英会話スクール個人レッスンにおいて、「ネイティブスピーカーによるレッスン!」と宣伝されている場合、こうした国々の人による英語レッスンがあります、という意味になります。

ちなみに、私達日本人は外国語として学んでいます。母語は日本語なので、non-native speakerになります。

mother tongueとは?

母語というのは、私達がまず最初に覚える、その国の言葉です。例えば、私達日本人の場合、日本語が母語になります。

用例:My mother tongue is Japanese.

英会話のレッスンはネイティブスピーカーがいい?

英会話のレッスンを受ける場合、日本人の先生、もしくはネイティブスピーカーの先生、どちらかを選ぶことができます。

ネイティブスピーカーに英語を習うことは、発音、イントネーション、いろんな面で勉強になります。

そのため、「英語を教えてもらうんだから、ネイティブの先生がいい!」と考えがちですが、一概にそうとも限りません。

場合によっては、日本人の先生に教えてもらう方がよいケースもあります。

ネイティブの先生と日本人の先生に英語を習うメリット&デメリットは日本人講師VSネイティブ講師でまとめています。

興味がある方は参考にしてみてください。

あわせて読みたい

「ネイティブのような発音を身につけたい」と思ったらこの英会話教材に注目

<<英語用語集に戻る