ネイティブ講師の意味を解説。英語のネイティブってどんな意味?

マンツーマンコーチング

英語学習において、よくネイティブという言葉が使われます。

「英語はネイティブの発音を真似る!」

「この教材でネイティブのように英会話ができるようになる!」

このような具合ですが、一体どんな意味なのでしょうか?

英語を母語とする人々

英語業界におけるネイティブ講師とは、英語を母語(mother tongue)とする先生を指します。具体的には、アメリカやオーストラリア、イギリスやカナダ出身の先生です。

一般的に、英会話スクール個人レッスンにおいて、

「ネイティブ講師によるレッスン!」

と宣伝されている場合、こうした国々の人による英語レッスンがあります、という意味になります。

ちなみに、私達日本人は外国語として学んでいます。母語は日本語なので、non-nativeになります。

mother tongueとは?

母語というのは、私達がまず最初に覚える、その国の言葉です。例えば、私達日本人の場合、日本語が母語になります。

用例:My mother tongue is Japanese.

英会話のレッスンはネイティブ講師がいい?

英会話のレッスンを受ける場合、日本人の先生、もしくはネイティブスピーカーの先生、どちらかを選ぶことができます。

ネイティブスピーカーに英語を習うことは、発音、イントネーション、いろんな面で勉強になります。

そのため、「英語を教えてもらうんだから、ネイティブの先生がいい!」と考える人も多くいます。

デメリットもある?

一方で、英語は必ずしもネイティブに習うのが最善の選択とは限りません。場合によっては、英語の経験が豊富な日本人の先生に教えてもらう方がよいケースもあります。

特に初心者の方。英語が苦手な方。TOEICなど試験的な英語力を伸ばしたい方は、日本人の先生に教えてもらうことで、順調に実力を伸ばすことができます。

ネイティブの先生と日本人の先生に英語を習うメリット&デメリットはこちらで詳しくご紹介しています。

日本人講師VSネイティブ講師

興味がある方は、あわせて参考にしてみてください。

外国人講師って何?

ちなみに、英会話スクールによっては「ネイティブ講師」という表記ではなく「外国人講師」という表記で先生の紹介をしている場合があります。

この場合、「外国人講師」とは「英語は話せるけどイギリスやアメリカなどの英語のネイティブスピーカーではありません」という意味になります。

その点、ネイティブ講師にこだわる方は、詳しく確認することをおすすめします。

まとめ

英語業界におけるネイティブ講師とは、英語を母語とする人たちのことを指します。

アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアなど、英語を普段の生活で使っている人たちのことです。

英語を母語としているので、自然なイントネーションを覚えることができるネイティブ講師のレッスンは英会話業界で人気です。

ただ必ずしもネイティブの講師のレッスンがベストとは限りません。自分にとって必要な英語のレッスンを受けることが大切です。

あわせて読みたい

「ネイティブのような発音を身につけたい」と思ったらこの英会話教材に注目

初心者のための英会話スクール比較

英会話の始め方を初心者向けにかんたん解説!

<<英語用語集に戻る

シェアする

フォローする